[初心者向け]ビットコイン以外の暗号通貨・アルトコインについて

アルトコインとは

アルトコイン(または、オルトコイン)とは、alternative coinの略(=altcoin)で、直訳で「(Bitcoinの)代わりとなるコイン」という意味で通称されています。

ビットコイン以外の暗号通貨(仮想通貨)を差すと思って良いです。現在、4000種類以上の数のアルトコインが誕生しているといいますが、その数は、大して重要ではなく、それらのほぼ全てが、価値のないコインです。

ただ、その中でも、いずれビットコインに置き換わるかも知れないと期待されているものや、有望なプロジェクトに紐づくアセットとして使われているコインがあり、価値がついていいる。

アルトコインは、様々な形で発行されますが、管理者がいない分散化を目指したプロジェクトのインセンティブとして発行されたり、株式のような意味合いで発行されたりが多くを占めます。

多くのパターンが、ICO(暗号通貨建ての資金調達。公募で資金を集める)により、投資したビットコインと引き換えに、コインを受け取れる。その後、所定の取引所で、主にビットコイン建てで、自由に売買出来るようになります。

下記のサイト、Crypto-Currency Market Capitalizationsより、時価総額は上位100のアルトコインを参照できます。

Crypto-Currency Market Capitalizations
スクリーンショット 2016-05-29 18.28.01

最も、時価総額の計算方法は、「最後に取引所で計算された価格×コイン発行枚数」という式で、計算され、板が薄いコインにおいては、正確な評価とは言えないでしょう。しかし、それ以外の計算方法もないので、そういったものだと理解ください。

大まかに、人気のある暗号通貨ランキングといっても良いでしょう。

上述のように、アルトコインは、非常に多くの種類があるので、自身で将来性を感じるコインを見いだし、投資したり、または、そのコインで使えるサービスを利用することになります。

アルトコイン取引所

アルトコインを扱う取引所も国内に増えてきたといえ、まだ、取り扱い種類は海外発の取引所の方が多いです。

主要な3つの取引所をまとめました。

多くのコインで、サポートされているウォレットがある筈なので、取引所で購入したコインは、面倒かもしれませんが、自身のウォレットに保管することをお勧めしています。

逆にサポートされているウォレットが存在しない場合、それは開発コミュニティが活溌でないということも意味しているので、コインの将来性を考える上で、懸念点の1つになるかも知れません。

コインを取引所から分離して保管すべきことは、ビットコインも同じですが、理由として、海外の取引所では、取引所で保管されているコインを狙ったDDos攻撃が、頻発しているからです。

Mt.GOXのように、一般メディアで取りざたされるような大きい破綻ではないものの、閉鎖された取引所は多くあります。

また、いくつかの取引所については、取引所自体のガバナンスが指摘されることも度々あり、アルトコインを投資対象とするならば、自己責任と自己管理を念頭に置いた上で行うべきでしょう。

・Krakenスクリーンショット 2016-05-29 18.41.08

 

・Poloniexスクリーンショット 2016-05-29 18.17.38

 

・YObit.net

スクリーンショット 2016-05-29 18.47.49