そろそろ義務教育に「google検索の仕方」を導入したほうが良い。

世の中には、信じられないくらいリテラシーが低い人たちが、結構な数います。
怪しい情報商材を買っちゃう人、エセ科学を信じてしまう人、放射脳の人たち。

これら人の共通点は、ずばり「検索をしないこと」です。

スマホ時代になって、Google検索を使う頻度が少なくなった、ということが囁かれてから久しいです。

彼らは、公共の調査や、厚生労働省が示すデータより、アメブロの匿名ブログを雰囲気で信じます。
検索しない人たちは、仲間内のライングループの外を出ず、Twitterもお気に入りの人をフォローするだけです。

そういった人たちは、Twitterも、同じクラスタの人たちしかフォローしません。

検索するかしないかが、情報格差になって、それがそのまま所得格差にもなり得る。

彼らは、ちょっと調べたら出てくる、厚生労働省のデータがあるにも関わらず、タイムラインに流れてくる、匿名のアメブロの陰謀論なんかを信じてしまいます。
その記事の真偽の確認は一切せず、シェアしてしまい、こうして情報弱者の人たちは、どんどん情報弱者になります。

僕たちのインターネット上の行動は、FacebookやTwitterのタイムラインに支配されるところが大きいということは、現代のインターネットの特徴ですが(このへんの話は、家入一真さんの『さよならインターネットが詳しい』)、これは、こういった現象も助長しています。

しかし、Google先生に上手く質問を出来る人たちにとっては、一昔前であれば、国立国会図書館に行かなければ得られない程の情報量に、スマートフォンひとつでアクセス出来るようになりました。
こうして情報強者の人たちは、どんどん情報強者になって、情報格差が生まれて、その格差は、ほとんどそのまま所得格差とイコールです。

けど、逆に言えば、「検索のしかた」さえ覚えれば、このリテラシーが低い人の、リテラシーはずいぶん改善されるのでは?と思うのです。

正しい検索方法さえ知っていれば、世界中のあらゆる分野の有識者の言葉に触れることが出来ます。
実際、僕たち一般人が、日常生活で気になったことなんて、99パーセントは、googleが解決できます。ただし、正しい検索方法を知っていれば。

実際、検索が使われなくなていても、検索の効果というのは、日々進化していて、カリフォルニア大学バークレー校名誉教授(経済学)で、現在、googleのチーフ・エコノミストのハル・ヴァリアン氏は「文明の幕開けから2003年までの情報をすべて合わせても、5エクサバイト(500京バイト)の情報しかなかった。しかし、現代は、同じ量を2日で蓄積していると述べています。
正しい検索を知っていれば、この膨大な情報から必要な情報を取り出せます。

もちろん、膨大な情報の中には、しょうもない情報も多いのですが、そういったものは、十分ではないですが、Googleのアルゴリズムが弾く努力をしていますし、最近ではgoogle newsにはFACT CHECK(事実確認)という機能も追加されています。

 

 

「検索の仕方」は、教育投資として義務教育に導入されるレベルで必須だと思う。

こういった明らかに、放射脳な人たち以外にも、検索で解決できることを解決していないということは、多々存在します。
例えば、仕事場で、Google検索したら解決出来る答えを同僚に求める人です。

人が良い同僚は、「ググレカス」なんて言わないかも知れないで、丁寧に指導してくれるかも知れませんが、ググったら解決する問題を教えることで、仕事の出来る人の時間が消耗しているという例は、日本中に蔓延していそうです。これは社会的損失です。
その人が、最初から、ググれば解決するのに。

今の、ティーンネイジャーは、特に、検索しないと言われていますが、彼らが、大人になって、検索するようになるかというと、そんなことはないでしょう。
きっと、ネットの習慣は変わりません。
ネイティブアプリで、お気に入りのタイムラインの内側にいるほうが、心地よいからです。
検索できない人間が、社会に増えるには、非常にリスクに思えて他なりません。

であれば、中学在学中の義務教育の時間から、二年間くらい、正しく検索をするためのカリキュラムを組んでも良いと思います。
そもそも、日本の学校の暗記教育だって、暗記できるもものは、Googleに検索をすればすぐに答えが出てくるのだから、暗記する必要はない。
そういったものを、いくらでも削って、「検索のしかた」のカリキュラムを組むべきでしょう。

・情報商材を買ってしまう人
・ググれば解決する問題の答えを上司、挙句取引先に、聞きにいく人
・むしろ検索で分かる答えを求めて、出張してしまう人
・信頼出来る情報かそうでないかの判断能力がない人

これらの人が、検索の仕方を覚えることで、日本の生産性は大分向上すると思いますが、いかがでしょう。

■お知らせ
オンラインサロンの新規会員募集のお知らせ
■[世界で生きる研究・実践所]
国の境目もなくなり、国を跨いで生活することや、仕事をすることも普通になり、ビットコインなどの暗号通貨が誕生し、お金の在り方まで変わりつつある現代を、より有利に生き抜くことを研究する会員制コミュニティです。新しい時代の、ビジネス・投資・生活・旅全般をハックしていきます。。
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■筆者へビットコインの投げ銭・寄付 もしブログが面白かったり、役にたった方へ。ビットコインの投げ銭を頂けると、とても喜びます。 17WBxjLLusGuNK5wUsP3dKjEc3apx6rwcY  

関連記事

大企業の不真面目さから、改めて振り返る、投資家がお金よりも大切にしていること。

日本人の安すぎる給与は、解雇をしやすくすると上がります。アメリカ企業と日本企業で...

「ケンタギドラ1万円」に見る、個人の時代に身につけるべき交渉力

日本で貧困問題が騒がれる中、シンガポール一世帯の平均月収は、70万円台に。1億総...

打ち合わせが大好きなサラリーマンたちへ

日常会話レベルの英語学習者がビジネス英語に進むための勉強方法、仕事で使える英語ツ...