日常会話レベルの英語学習者がビジネス英語に進むための勉強方法、仕事で使える英語ツールなど

そういえば、年末年始にこっそり英語を勉強し直してました。
ぶっちゃけ僕は英語あまり得意でなくて、何年も英語を使って仕事をしているくせに、所謂ビジネス英語みたいなものはちゃんと勉強したタイミングがなく、最近になってコンプレックスを感じるようになったので、少し勉強し直してみた次第です。
特に、僕は英語をアメリカで遊びながら、身につけたようなところがあり、結構雑な英語を使ってきました。(一応昔受けたTOEICは850点くらいはあります。)

とはいえ、僕の他にも、バックパッカー英語で仕事をしている人は、かなり多いように思います。
バックパッカー英語でも、はじめは、 恥ずかしがらず、伝えることを一番に英語を話すのが大事ですが、仕事で使うなら、もうちょっとまともな英語を使えうようになりたいと思うもの。
せっかくなので、そういった人たちがビジネス英語に微修正する勉強法、ついでに自分が、仕事で使っている英語関連のツールをまとめようと思います。

■教材など

*同時通訳者が教える ビジネスパーソンの英単語帳 エッセンシャル

sayをshareに変えたり、importantをsignificantに変えるだけで、かなり響きが変わるという、単語や使用例を並べたもので、勉強したら、すぐに使えるものばかり。
因みに、発音とかの矯正をするより、こういったところを丁寧に直すことに、少しの時間かけるほうが全然良いのではないかと思います。
直さなくても、意味は伝わってしまうので、さぼりがちですが、(自分がそうだった)一ヶ月でも意識してみると結構変わります。
発音は、すでに白人が、アジア人の英語を聞き取れなくて、苦労している時代です。
むしろアメリカのいいところの小中学校では、インド人の英語に慣れるための時間が用意されているんだとか。
そこは引け目を感じないで、上述したことを修正するだけで、知性的な印象になると思います。

*NHK実践ビジネス英語 対話力アップ ビジネス英語フレーズ800

上記の本より、説明などコンパクトですが、掲載フレーズも多く良いです。

■勉強方法について

*ディクテーション

英語の書き取りです。
聞いて、書き写すというやつです。簡単に答え合わせ出来るTEDなどを勉強材料にすると良いと思います。
普通に英語聞いてたら、内容は理解出来るんだけど、書き写すとなると、文法や過去形・現在形など結構わからないものです。
後述するgrammarlyをインストールしながらやってみても良しかと。

*リーディング

出来れば、毎日読むニュースを英語と日本語を同じ感覚で読めるようになりたいところ。
英語の調べ物にも、ほぼ完全にストレスを感じなくなるところまでが理想だと思います。
で、個人的には、これが英語スキルでかなり重要度高いなとも考えてます。

これは結構ハードル高いのですが、まずリーディングに慣れる手段として最適なものは、kindleのwordwise機能だと思います。

kindle端末は、洋書を読むのに、非常に適しています。

紙の本を、一切読まなくなってから、早くも3年くらい経ちました。 読書は、ほとんど、Kindle paperwhiteで読んでいます。...

あと普段から英語を調べる辞書は、英語のものがいいですね。

■英語関連でビジネスに使えるサービス

*トランスマート

クラウドでちゃんとした人に日本語→英語などの翻訳をお願いできるサービス。しっかりした契約書などの作成が必要なときに重宝します。
高品質かつお値段も良心的です。

*grammarly

グラマー校正。インストールした端末で、自分が間違った文法で英文書いてたら、指摘してくれます。メールなどで。

*lawdepot

英文の契約書などの文書の雛形を作ってくれます。
雇用契約から業務提携を想定したものまで、種類がかなり豊富で有り難いです。もちろん、これだけでは実用で使えませんが、下書きの下書き程度や参考にはなります。

 

バックパッカー英語から、ビジネス英語へのスキルアップは、簡単ではないが、投資効果は高い

こんなところでしょうか。

既にある程度問題ない日常会話ができることは前提条件になりますが、毎日30分を数ヶ月取り組み、日常会話レベル→ビジネス会話レベルへのレベルアップを試みるのは、中々投資効果が高いと実感しています。
また、他にも、何かお勧めのサービスがありましたら、コメントくださると。

また、運営しているオンラインサロン「世界で働くー新興国研究所」では、こういった海外で仕事をするうえでの、基本的なメソッドも紹介しています。
また、メンバーも、各国を飛び回って仕事をしている人も多いので、有益な情報やツールがシェアされることも多いです。興味を持った方は、是非、チェックしてみてください。

■INFORMATION
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■年間50回ほど飛行機の乗る、ノマド生活をしている筆者が、持ち歩いているガジェットや、トラベルグッズ

■初心者向けに、ビットコインに関する情報をまとめました。

■[途上国・新興国研究所] アフリカ地域をはじめとした途上国、新興国をテーマにしたオンラインサロンを運営中です。 途上国、新興国にとどまらず、世界で働く、国を跨いで働くということに感心がある人の集まったコミュニティです。
■ビットコインの投げ銭で、ブログを応援する。CloudTip  

関連記事

パナマ文書の流出から期待されるべき21世紀的進歩

英語にコンプレックスを持っている日本人が知るべき、世界で現在使われている英語の現...

シンガポールには、「企業の営業電話禁止」っていう素晴らしい制度があるんだけど、さ...

「貧困でも幸せに暮らす」をテーマにした番組が地上波で放送される日本

日本人の安すぎる給与は、解雇をしやすくすると上がります。アメリカ企業と日本企業で...

働きたい会社がわからない就職活動生にとって、株式投資はおすすめです。