「途上国ではお金の自由がない」ということの意味と、ビットコインの必要性

僕がビットコインを持ったとき、その可能性に魅力を感じましたが、それは、特に、途上国や新興国で大きいとも思いました。
よく言われる所ですと、出稼ぎ移民が、母国に送金するときにビットコインのほうが送金手数料が安いなどが挙げられます。

また、マイクロペイメントで少額の寄付を実現するというような未来も描いている方もいるし、そういった利用のされかたもあるとは思います。

アフリカの国をはじめとする所謂途上国に、足を運ぶと、子どもが、物乞いに駆け寄ってくることが、しばしばあります。アフリカまで行かずとも、今...

もちろん、送金でも大きな役割を果たしうると思いますが、それは、他のフィンテック企業が徐々に解決するテーマでもありますし、ウエスタンユニオンなどの送金会社の手数料も以前より安くなりました。

それ以上に、ビットコインが新興国に長期的に影響を与えるのは、ビットコインが初めて、新興国で、誰でもお金を自由に管理することを可能にするということを感じたからです。

新興国ではお金の自由がない。
この辺は書き出すと長くなりますが、断片的にかいつまんでいきます。

例えば、ここ3年ちょっと、2012年-2016年くらいの期間で、いくつかのアフリカの国では、対ドルで自国通貨が50%近く下げた国があります。
主な理由としては、アメリカの利上げによるドルの高騰、だけなら良いですが、外貨獲得を資源に頼っていた国の通貨が最も下げています。
資源国の通貨は、中国からの資源需要に振り回されます。

貿易決済通貨や債務はドル建てですし、資源以外に輸出産業が育っていない国は、通貨の価値が下落するスピードはとても早いです。
産業がない国では、日用品は輸入品になるので、現地通貨を持って生活する人にとっては、きついインフレです。

仮に、自国通貨の価値が30%下落をしたとして、全て、その人の資産が全て自国通貨であれば、資産の30%を失うことになります。

ここで、新興国さながらの問題ですが、これを外貨に逃がして、通貨の下落を避けるという選択肢を全ての人が持ち合わせているわけではありません。

銀行口座を持っている人も少ないし、銀行口座を持っていてもドル預金が出来ない、なんてことも有り得ます。
また、ドルを持っていても、ATMからの引き出しは一日数百ドルだとか、海外に送金はできないなど、制限があるケースも少なくありません。

つまり、「やばい。自国通貨が下がるぞ。」と思う人がいたとしても、自分の資産を守るオプションが制限されてしまっているのです。
ドル→自国通貨の両替はできても、自国通貨→ドルの両替はできないなんて国も存在します。

これは、例えば、エチオピアなんかがそうです。

先日は、エチオピアに訪問してきました。エチオピアは、東アフリカの上に位置をする、国で、実際に、ここを東アフリカに分類するかは、実は、人に...

そういった国では、黙って自国通貨の下落と心中せざるを得ないというケースも多いのが、実情です。

それでも政府高官は、賄賂なりでドルを引き出し、海外に資産を持ち出したりするなんて、21世紀にもなって、普通に起こっています。
ちなみに、こういった国には、自国通貨の闇マーケットがあって、公式レートよりかなり安く自国通貨とをドルなどの外貨と交換する闇両替所も存在します。

ビットコインが、こういう状況に影響を与えるような1つの勢力になるには、ずいぶん時間がかかるとは思っていましたし、実際、あと10年はかかると思います。

それでも、ビットコインが提示している可能性は大きいとは思いました。

かくいう日本だって、わずか半世紀前まで自由に、外貨預金できなかったし、外貨送金もできなかったという歴史があります。
もっと言うと、海外旅行だって、自由化されていませんでした。

同じように、それらが当たり前でない国は、まだ世界には多いのです。

運営しているオンラインサロン、途上国・新興国研究所では、「世界で働く」「途上国地域でのビジネス」「海外投資全般」などをキーワードに運営する会員制コミュニティです。
こちらも是非チェックしてみてください。

■INFORMATION
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■年間50回ほど飛行機の乗る、ノマド生活をしている筆者が、持ち歩いているガジェットや、トラベルグッズ

■初心者向けに、ビットコインに関する情報をまとめました。

■[途上国・新興国研究所] オンラインサロンを運営中です。 新しい個人の時代の、生活・投資・ビジネス・旅などをハックすることを目的にした会員制コミュニティです。
■筆者へビットコインの投げ銭・寄付 もしブログが面白かったり、役にたった方へ。ビットコインの投げ銭を頂けると、とても喜びます。 17WBxjLLusGuNK5wUsP3dKjEc3apx6rwcY  

関連記事

世界のどこでも、ビットコイン決済・ATM利用ができるデビットカード「wirex」

ビットコインの情報収集で、フォローしておくと良い海外Twitterアカウントたち

ビットコインによる少額送金を利用したアプリケーションBirdsは、新しい広告モデ...

[ビットコイン初心者向けのお勧め書籍や、エントリ]ビットコインってそもそも何?と...

仮想通貨・暗号通貨詐欺案件に巻き込まれないように、知っておくべき3つのこと。

ビットコインと相性が良いのは、ブロガーやアーティスト。自分のサイトに投げ銭受け皿...