アジアのほとんどの国で使える越境SIMカードは、出張族と旅人に大変お勧めです。

先日、日本に帰国をして、買ってみたアイテムで非常に良かったものをご紹介。
越境SIMカードのSIM2FLYです。

そ国を移動しても、SIMカードをそのまま使えるという、素晴らしいSIMカードです。
今回、僕が、使用をしてみたのは、アジア14カ国で使用できるSIMカードで、日本でアクティベートをして、その後、台湾→香港と移動をしても、特に手続きをせず、同じSIMカードを使うことができました。

以下、簡単にスペックになります。

使用可能国

日本
韓国
台湾
シンガポール
オーストラリア
インド
ラオス
香港
マレーシア
マカオ
フィリピン
カンボジア
ミャンマー
ネパール

料金

アジア14カ国向けのSIM2FYは、399タイバーツ(約1200円)で販売されています。

8日間のプリペイドで、4G通信は3GBまでで、3Gに切り替わります。

また、上記の価格は、タイ国内で販売されている価格を公式サイトから引用したので、その他の国の販売価格とは若干異なると思われます。
各国一部の空港でも取り扱っているようですが、日本のAmazonから購入ができるので、こちらが一番てっとり早いです。

基本的には、データSIMとして販売されていますが、チャージをすれば、電話も出来るようです。

が、チャージが出来ると思われるWEBページの接続が非常に重く、使い物にならないので、今回は紹介できるに至りませんでした(笑)

まあ、個人的には、もう電話番号の使用をやめて、名刺の電話番号の記載もやめたので、全く問題ないのですが。。
とはいっても、公的な手続きなどでは、日本でも海外でも、度々、電話番号が必要になりますし、Skypeで、050から始まる電話番号を取得しています。
どうしても電話が必要なときにも、電話をかけられるし、かつ国際電話も料金が安いSkypeなどのIP電話番号とデータSIMの組み合わせが最も良いのではないかと思います。

値段も、かなりリーズナブルだと思うので、日本の一時帰国中にもお勧めです。
僕は、数枚まとめ買いして、スーツケースに入れておくつもりです。

また、アジア向け以外にも、
EU&USA向けー3G-15日・899タイバーツ(約2900円)
世界50カ国向けデータローミングSIMー100バーツごと2MBのデータローミング

が、それぞれ販売されています。
少なくとも、アジア向けSIMカードに関しては、利便性を考えれば、かなり割安です。

販売会社は、Advanced Info Service

SIMカードの運営会社は、Advanced Info Service PCLというタイの通信会社です。

タイ首相、タクシン・チナワットのシン・コーポレーション・グループの子会社になり、1980年代に、タイの国営の電話会社から携帯電話の事業権を取得し、携帯電話を事業に参入した企業で、2017年現在、同国の通信で最大のシェアを獲得しています。
Advanced Info Serviceは、タイの証券取引所に上場をしています。

タイ国外で、SIM2FLYを使用するときは、それぞれの国の通信事業者の回線をローミングしてサービスが提供されます。
日本であればソフトバンクの回線、香港であればCSL社の回線に切り替わります。

それぞれの国に出かけて、その度に、SIMを入れ替える時代は、いずれ終わりそうだなと感じれる体験でした。

運営しているオンラインサロン、途上国・新興国研究所では、「世界で働く」「途上国地域でのビジネス」「海外投資全般」などをキーワードに運営する会員制コミュニティです。
こちらも是非チェックしてみてください。

■INFORMATION
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■年間50回ほど飛行機の乗る、ノマド生活をしている筆者が、持ち歩いているガジェットや、トラベルグッズ

■初心者向けに、ビットコインに関する情報をまとめました。

■[途上国・新興国研究所] アフリカ地域をはじめとした途上国、新興国をテーマにしたオンラインサロンを運営中です。 途上国、新興国にとどまらず、世界で働く、国を跨いで働くということに感心がある人の集まったコミュニティです。
■ビットコインの投げ銭で、ブログを応援する。CloudTip  

関連記事

ミニマリストは、絶対にチェックするべきアイテム。Kckstarterのプロジェク...

【保存版】アフリカや東南アジアなどの、旅・生活に便利なアイテム・ガジェットまとめ

財布を持ちたくないミニマリスト向けのマネークリップ等まとめ

旅先でもシャツが洗える「モバイル洗濯機」を買いました。

年間80回以上、飛行機に乗る僕が、LCC用に選んだ機内持ち込みスーツケース

スイス発のモバイルLEDライト「enevu® CUBE」レビュー