世界のどこでも、ビットコイン決済・ATM利用ができるデビットカード「wirex」

ビットコインを決済で使える店舗が少ないというのは、よく言われる指摘です。

ビットコインデビットカードがあれば、そういった悩みは解決します。
ビットコインデビットカードがあれば、ビットコインをチャージすれば、普通のクレジットカードを使えつ店舗や、ATMから現金を引き出せます。

最近は、ビットコインデビットカードを発行する会社も増えており、選べる幅も多くなっています。

そのなかでお勧めのブランドは、wtrex(旧e-coin)です。

wirexのデビットカードの作成はこちらから

おすすめ出来る点

・デビットカード発行会社としての実績
デビットカード会社は、いくつかありますが、サービス開始からある程度実績があるサービスとなると、その数はある程度限られてきます。
その点、wirexは、2015年からサービスを開始しており、大きな事故がなく、運営されています。

・セキュリティ
デビットカードサービスは、アプリと連携されたウォレットにビットコインをチャージしておくので、財布そのものです。
また、取引所と同様、これは、ローカルのウォレットではなく、デビットカード発行会社を信用することが必要になります。
その点、マルチシグウォレットに管理され、ユーザーが各自で、二段階認証も設定できるwirexは、比較的セキュリティに優れているといえます。

・UI(ユーザーインターフェース)
wirexnでの、ビットコインのチャージや、残高照会、使用履歴などは、webとスマートフォンアプリから操作できます。
モバイルアプリもiosとAndroidともに用意されており、操作感も問題ありません。

・チャージの反映スピード
wirexは、デビットカードへビットコインをチャージするとき、反映スピードが早いです。
もし、カードを使いたい時に、デビットカードにビットコインが十分チャージされていなく、チャージしようとしても、その反映が遅いとなると最悪ですが、wirexには、その心配はありません。

・ウォレットとデビットカードの枠は分けられています。
wirexでは、ウォレットとデビットカードの枠が分けられています。
デビットカードに変換した時点で、USDやEURなど法定通貨建てで計算されます。
もし、ビットコインが値上がりすると思っていたとしても、使うかもしれない量のBTCをwirexのウォレットにいれておき、実際に使うときにカードの枠に移すなどの使いかたができます。

注意点

wirexではUSD建て・EUR建て・GBP建てのカードが発行できます。
日本国内で使用する場合、為替差が計上されることには、注意ですが、海外在住者や、海外のECサイトで買い物をするときなどは非常に便利です。
wirexでは、2017年5月現在、日本円建てのカードを発行することは出来ませんが、2017年中に日本円対応することもコメントしています。

また、セキュリティ面では、アカウントにしっかり、二段階認証を設定しておくことが求められます。繰り返しになりますが、デビットカードもお金を預けるサービスで、ユーザーからしてみれば、銀行そのものです。

まとめ

3月にSBIから300万ドルの資金調達をしており、アジア展開に注力するそうで、今後、より利用しやすくなるかと思います。
1枚は持っておくと便利なアイテムだろうと思います。

wirexのデビットカードの作成はこちらから

■INFORMATION
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■年間50回ほど飛行機の乗る、ノマド生活をしている筆者が、持ち歩いているガジェットや、トラベルグッズ

■初心者向けに、ビットコインに関する情報をまとめました。

■[途上国・新興国研究所] アフリカ地域をはじめとした途上国、新興国をテーマにしたオンラインサロンを運営中です。 途上国、新興国にとどまらず、世界で働く、国を跨いで働くということに感心がある人の集まったコミュニティです。
■ビットコインの投げ銭で、ブログを応援する。CloudTip  

関連記事

ビットコインと金(ゴールド)との類似性

[ビットコイン初心者向けのお勧め書籍や、エントリ]ビットコインってそもそも何?と...

仮想通貨市場の時価総額とか諸々について

「途上国ではお金の自由がない」ということの意味と、ビットコインの必要性

海外渡航者・在住者の必需品。世界中でビットコイン決済が出来るデビットカードの勧め

ビットコイン初心者の女性の言っていたことが、クリティカルだった話