ブロックチェーンではない新技術・DAGで構築される暗号通貨、Byteballとは。そのビジョンなど。

ブロックチェーンのスケーラビリティ問題を回避し、トランザクション性能も上回るとも言われることのあるDAGをベースにした暗号通貨、Byteballの解説記事です。
2016年12月に、ロシアの開発者のTonych氏が、ローンチしました。

Byteballのネイティブ通貨は、GBYTEです。以下、基本情報です。

ティッカー$GBYTE(下の単位が、それぞれ、KB・MB・KB・BYTE)
最大供給量1,000,000 GBYTE
合意形成アルゴリズムDirected Acyclic Graph(DAG)
ホワイトペーパーhttps://byteball.org/Byteball.pdf
公式https://byteball.org/
上場取引所Bittrex、criptopia等

■ブロックチェーンではないDAGをベースに作られた暗号通貨

Byteballのネットワークは、ブロックチェーンではなく、Directed acyclic graph(以下DAG)をベースにしています。
DAGは、邦訳すると、有向非巡回グラフと呼ばれ、ブロックチェーンとは仕様が異なります。


参考:https://byteball.org/

すべてのトランザクションは、ハッシュを含んで署名することによって、1つ以上の以前のもの(親)を参照し、それが連続して「雪玉」のようになることから、Byteballという名称になっているといいます。
各トランザクションの前のトランザクションを親として、それに続くトランザクションが、子として扱われます。

参考:https://explorer.byteball.org/

一本の直線でブロックが連続するブロックチェーンに対して、DAGは、複数のトランザクションが繋がりあって網目のように構成されることから、スケーラビリティの問題を回避し、トランザクション処理性能が優れていることが特長とされます。

DAGを使った通貨は、他にIOTAがあり、IOTAは、トランザクションを生成する場合、自分のトランザクションの前に、PoWの承認に参加する必要があり、手数料ゼロという設計になっています。
一方、Bytaballは、トランザクションに僅かな手数料が発生し、ネットワーク上で、二重支払いをふせぐためにwitnessと呼ばれる重要なノードがあり、このノードは手数料をインセンティブとして運用されます。
IOTAがマイクロペイメントに特化した設計になっていることに対し、Byteballは、マイクロペイメントの機能性も持ちながら、より汎用性がある設計になっています。

■コアフィーチャー

Byteballは、コンセプトに、「Smart payments made simple」を掲げています。
通常のトランザクションが高速である(10秒ー1分程度)ことに加え、安価な手数料でのトランザクション、マルチシグや、スマートコントラクトを用いたいくつかの条件付き支払いや、予測市場、債務・株式などのアセットのトークン発行などができる汎用性の高いプラットフォームです。

トランザクションに発生する手数料は、エクスプローラーで確認すると、概ね平均500BYTEくらいになっています。
最近のレートで、おおよそ、0.3円くらいですので、マイクロペイメントでの利用もできる手数料水準です。

また、Byteball上に発行されたアセットの取引は、アトミックエクスチェンジにより、双方の信頼を必要なしに、交換が可能です。
アセットの発行は、以下のページから行えます。
https://byteball.market/#!/asset/order

他、プライバシーを強化した匿名での送金も行え、こちらは、Byteballネットワーク上の秘匿アセットであるBlackbyteを利用します。

これらの機能は、一般ユーザーも使えるシンプルなインターフェースで提供されています。

■チャットbotのアプリケーション

Byeballのウォレットには、チャットbotの機能が付属しています。
チャットbotストアから、チャットを追加し、ユーザーは様々なアプリケーションを利用できます。

執筆時点でリリースされているチャットbotは、例えば、スマートコントラクトを利用した飛行機の遅延などに対する保険などがあります。

これは、任意の航空券が遅延したときに、支払いを得ることができる、保険を購入することが出来るアプリです。
この保険で、「飛行機が遅延した場合、XXGBYTEの支払いを受けることが出来る。」という契約を行ったら、資金は、コントラクトでロックされ、飛行機の運行状況により、ロックが解除され、結果に基づき、必ず資金が支払われます。
保険の購入者は、保険を販売する相手を信頼する必要がありません。

こういったスマートコントラクトを用いたByteball上のアプリケーションで、他に、NBAやNFL等の主要スポーツを対象にしたベッティングアプリケーションや、暗号通貨市場全体の時価総額の上下に賭けることができるアプリなどが、既に利用できます。

参考:Sports Oracle

このチャットBOTは、サードパーティーの開発者が、つくったアプリケーションが、Byteballのチャットbotストアにリストされ、ユーザーに提供できます。
https://github.com/byteball/byteballcore/wiki/Writing-chatbots-for-Byteball
開発者は、P2Pの保険やベッティングなど、スマートコントラクトのアプリケーションを提供し、収益を得ることができます。

Ethereum上でアプリケーションの構築は、非常に汎用性が高いですが、多くのICOプロジェクトが、スマートコントラクトでの予測市場や保険などを作ろうとしつつも、結局、動くものは、2017年現在ほとんど全くリリースされていなく、Byteballが、簡易的なものでも既に稼働させていることは評価すべき点といえます。

■フェアなディストリビューション設計、ICOなし。

Byteballのネイティブ通貨のGBYTEの供給量は、1,000,000 GBYTEです。
このプロジェクトは、ICOを行っておらず、ディストリビューションは、月に一回、ビットコインとGBYTEを持っている人に、AirDropで、無料で配布しています。
全体供給量の98%がAirdropされ、恐らく、ローンチから2年ほどかけて、配布を完了させるのではないかと思います。

公式のページにディストリビューションに参加する方法が記載されていますので、ビットコインを保有している人は、参加しましょう。
https://byteball.org/

なお、Airdropをしない2%のうち、1%が開発者報酬で、1%がコミュニティを支援するファンドに当てられます。

ICOを行わないで、Airdropでのディストリビューションを行う理由について、開発者のTony氏によると、「通貨は、多くの人に行き渡り、広く使われるほど価値がでるものだから、なるべく多くの人に配布できる方法を工夫した。」としています。
所謂ネットワーク効果というものですが、直近のラウンドのAirdropでは、5万アドレス超のビットコインがリンクされました。

筆者個人的には、これはフェアなローンチを目指しているといえ、好感度が高いです。
多くのICOプロジェクトが巨額な資金を集め、その後、開発が滞っていることに対して、こちらはICOで調達をしておらず、供給量に対する1%のGBYTEである開発者報酬の価値をあげることが、報酬形態になっており、インセンティブが健全です。
実際に、潤沢の資金があるはずのプロジェクトより、開発は進んでいます。

Byteballのディストリビューションも、改善点はまだ多くあると思っていますが、(ホルダーに対する配分比率や、ディストリビューション期間をもっと長期で設計したら良かったと個人的に思ってます。)「フェアなローンチとはなにか」ということを考える事例にもなるかと思います。

■決済での利用

チャットインターフェースでも支払いができる他、ECサイトで、簡単にByteballの決済を導入できるプラグインがリリースされています。

Byteball-marchants.com(サードパーティーが提供しているプラグインですので、手数料がかかります)
byteball-for-merchants.com 

他、決済として利用されることを拡大するためにも、ディストリビューション後半のスケジュールでは、提携した小売業者との決済で利用されたGBYTEの10%をキャッシュバックし利用を促すマーケティングがプランされているといいます。

■課題や問題点

・Witnessの分散化
全てのプロジェクトがそうであるように、Byteballも抱えている問題点はあります。
目下、最大の問題は、Byteballの重要なノードであるwitnessである12のノードは、開発者および、その関係者のノードによって管理されています。
つまり、分散化されているとは言えず、現状、開発者を信頼するうえでネットワークは、成り立っています。
このwitnessの管理者は、開発者から、別のノードへ移していく予定ですが、正確なスケジュールは決まっていません。
Byteballのwitnessは、ネットワークで発生するトランザクション手数料がインセンティブになっていますが、Byteballのトランザクション手数料は前述したように、非常に安いので、witness管理のインセンティブとなるまでは、ユーザーの増加を待つしかなく、時間がかかるだろうとは認識しています。

・開発チームは大きくない。
witnessの分散化が最大の課題ですが、そもそも、このプロジェクトは、コアチームが大きい規模ではありません。
ICOで資金調達もしていないので、資金も潤沢ではなく、今後、積極的に開発者が雇用されることもないでしょう。
とはいえ、そもそもですが、株式会社の発行するトークンではなく、オープンソースのプロトコルなので、ローンチ時のデベロッパーだけに期待するのではなく、コミュニティがより大きくなることを期待し、ユーザーとして、またはByteball上のアプリケーションを構築する開発者として、参加をすべきだと言えます。

■総論

Byteballは、P2Pのペイメントや、トラストレスな予測市場など、ビジョンは共感します。
フェアなディストリビューションも好感度が高く、国内外で、コアなビットコイナーでもファンが多い印象をうけるプロジェクトです。
フェアなローンチという観点では、プレマインなしのPoWの通貨が最もフェアな設計ですが、PoW以外では、現状、最もフェアなディストリビューションをしようとしている通貨だとも思います。

ただし、DAGという技術は、そもそも非常に新しい技術であり、本当にスケーラビリティの問題がないのか、攻撃点はないのか、という検証は十分であるとはいえず、過度な期待はしすぎに慎重になるべきとも言えます。
また、懸念点として、Wotnessの分散化についても書きましたが、これは、本当になるべく早く解決してほしい点です。
このような懸念を内包しつつも、基本的には、注目してるプロジェクトです。

■お知らせ
コミュニティメンバーの新規会員募集のお知らせ
■[世界で生きる研究・実践所]

今、僕たちは、仕事や働き方は、もちろん、国家や、お金の在り方まで変わりつつある大変面白い時代を生きています。 そういった現代を、より有利に生き抜くことを研究する会員制コミュニティです。新しい時代の、ビジネス・投資・生活・旅全般をハックしていきます。
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■筆者へビットコインの投げ銭・寄付 もしブログが面白かったり、役にたった方へ。ビットコインの投げ銭を頂けると、とても喜びます。 17WBxjLLusGuNK5wUsP3dKjEc3apx6rwcY  

関連記事

関連記事がありません。