仮想通貨という言葉の不都合な真実。日本銀行券も仮想通貨だよ。

しばしば指摘されることですが、ビットコインを日常的に扱う人にとって、それらを「暗号通貨」と呼びますが、大手メディアでは、「仮想通貨」という呼称を続けています。

暗号通貨という言葉自体は、合意形成アルゴリズムの存在を前提とした、暗号化による改ざん不可能な通貨という定義でおおよそ大丈夫だと思います。

それ以上に、そもそも世間で、多く使われている仮想通貨という言葉の定義が、曖昧です。
Googleで、「仮想通貨とは」と検索すると、Weblio辞書によるリンクが、最上部にでました。
それによると、仮想通貨は、こういった定義だそうです。

仮想通貨とは、オンラインサービスで経済活動を行うことができる貨幣価値のことである。 仮想通貨は特定のサービス内でのみ貨幣価値を持つものであり、一般的には現金に換算したり他のサービスで使用したりする価値は持たない。 仮想通貨を用いてアイテムを購入すれば、より有利な条件や環境でサービスが利用できる。

ほとんどのメディアは、仮想通貨という言葉を、性格に掘り下げるようなことは、行っていないので、概ねこのような定義で使われていると考えて、間違いなさそうです。

さて、この定義を分解して、日本円に当てはめてみる。

・仮想通貨とは、オンラインサービスで経済活動を行うことができる貨幣価値のことである。
→そもそも日本銀行券・日本円のお金のやり取りは、結局のところ、日銀ネットという1システムの数字に収束されます。
1万円札とか、500円コインというのは、それらの日銀ネットワークの数字のやり取りを補完するためのツールに過ぎません。
「オンラインサービスで経済活動が出来る貨幣通貨」ということが、仮想通貨ならば、日本銀行券は、明らかに仮想通貨にあてはまる。
多くの人が支払いで利用する日本国内の銀行などは、日銀が認めたパートナーであり、仮想通貨を運用するためのインフラに過ぎない。
日本で、いくら経済活動をしているといっても、日銀ネットのなかで、数字が入れ替わっているに過ぎません。
これを仮想通貨、バーチャルカレンシーといわずして、何というんでしょう。

・ 仮想通貨は特定のサービス内でのみ貨幣価値を持つものであり、一般的には現金に換算したり他のサービスで使用したりする価値は持たない。
仮想通貨は特定のサービス内でのみ貨幣価値を持つものであり、という点について、これを日本円に置き換えると、特定のサービスは、「日本国内」になります。
日本円をアメリカでなど、別の国に持っていって、決済することは出来ない。アメリカは、別のサービスで、そこでも別の仮想通貨が使用されているからだ。
しかし、この日本銀行券という仮想通貨は、他のアメリカドルなどの仮想通貨と交換が出来る。
オンラインゲームのRMTと全く同じで、ユーザーが多く、人気の仮想通貨ほど価値が高い。

ニクソンショック以降、金とドルの互換性がなくなり、国家は、際限なく、紙幣を刷れるようになりました。
因みに紙幣を刷るという表現も、実際に印刷工場で刷るのではなく、中央銀行ネットワークの数字をいじくるだけです。
そして、それまでブレトン・ウッズ体制によって、金と互換しているからこそ、世界の基軸通貨だったアメリカドルが、未だ基軸通貨とされています。
もはや、政府による”お墨付き”があるのみで、それ以上の担保は、どこにもない、紛れもない仮想通貨です。
とんでもないモラルハザードなのは、間違いない。

少なくとも、こんな仮想通貨が、今、ICOで販売されていたら、とんでもないバッシングを受けること請け合いです。

ビットコインに、興味を持った多くの人は、どこかのタイミングで、貨幣というものを自体を、根本的に考えます。

特定の管理者がいない分散型の通貨というのは、それだけ革命的なものであり、貨幣の歴史を振り買える必要を感じるのは必然といえます。
歴史上、政府が公認という紙幣は、その時代で最も信頼されると同時に、結末は、例外なく、紙切れになりました。
政府の信用に依存せざるを得ない通貨に、それを使う全ての人の経済活動が振り回されるという異常性に問題提起をした人は、多く存在しました。
それでも、それらの貨幣を使用せざるえを得なかったのは、代替手段が存在しなかったからです。
現在、はじめて、人類は、それらから開放される可能性のある代替手段を手にしたわけです。

ここまで日本銀行券は、仮想通貨に他ならないと、書いてきました。

それも大分、欠陥のあるバーチャルカレンシーです。最も、現在、ビットコインより、こちらの通貨を信用している人の方が、遥かに多く、日本で通常の経済活動をして、この経済圏と接点を持たないということは、不可避です。
ですが、この仮想通貨と、合意形成が構築されているビットコインなどの暗号通貨と何が違うか、そもそも仕組みとして、どちらが優秀なものなのかは、一度考えてみるべきでしょう。

■お知らせ
コミュニティメンバーの新規会員募集のお知らせ
■[世界で生きる研究・実践所]

今、僕たちは、仕事や働き方は、もちろん、国家や、お金の在り方まで変わりつつある大変面白い時代を生きています。 そういった現代を、より有利に生き抜くことを研究する会員制コミュニティです。新しい時代の、ビジネス・投資・生活・旅全般をハックしていきます。
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■筆者へビットコインの投げ銭・寄付 もしブログが面白かったり、役にたった方へ。ビットコインの投げ銭を頂けると、とても喜びます。 17WBxjLLusGuNK5wUsP3dKjEc3apx6rwcY  

関連記事

[初心者向け]はじめてビットコインを買ったら、気をつけるべきこと

初めてビットコイン・仮想通貨を購入する人のための、主要取引所を徹底比較

衰退する日本経済と仮想通貨をテーマに描いた物語。アンダーグラウンド・マーケット。

ビットコイン・仮想通貨に興味を持った初心者に、絶対にお勧めできる本を3冊だけ挙げ...

新しくビットコイン・仮想通貨に参入した人が知るべき、5つの作法やリスク。全てが自...

ビットコインとゴールド(金)との共通点・相違点を整理しました。