LCC誘致に注力した関空が、日本で最も稼ぐ空港に。近い将来、飛行機に無料で乗れるようになる。

関西国際空港が、空港として、日本一の利益を記録したらしい。大変喜ばしいことです。

かつて関西国際空港は利用が低迷したが、格安航空会社(LCC)のハブ(拠点)にする戦略で中国や韓国からの旅客獲得に成功。営業利益が関空単体で初めて成田空港会社を上回ったほか、羽田空港のターミナルビル運営会社にも水をあけており、「日本一稼げる空港」へと飛躍した。
産経ウエスト

僕も年間少なく見積もっても、60回程度、飛行機に乗る生活を、続けていますが、ほぼ全てLCCで航空券を取得しています。
世界の航空業界のトレンドは、完全にLCCで、世界で利益率の高いLCC航空会社の上位を、多くのLCC航空が占めている。
LCCの分野で、最も先行するヨーロッパに限っては、更に顕著だ。
CENTER FOR AVIATIONのレポートによると、2013−2014年のヨーロッパの航空会社の利益率上位は、70パーセントを占める。

Eu1
(CENTER FOR AVIATION)

もちろん、乗客を、30ドルや、40ドルで乗せても、利益は上がらないので、いずれも機内食や、預け荷物で稼ぐわけです。その他、各社多彩なオプションを用意して企業努力をしています。

ヨーロッパに限らず、今後10年は、経済成長を続けるアジアもLCCが、飛び回っていますが、2025年までに、その数は、2倍になるだろうと言われています。
また、独ユーロウイングス社は、タイからドイツの長距離LCCを昨年、新しく就航しました。
アジアからヨーロッパまでの移動が、200ドルで移動が可能になりました。
更に2016年5月には、エアアジアが、マレーシアからモーリシャスまで飛ぶLCCを発表しました。
アジアからアフリカまで、100ドル未満で移動できるようになりました。

2018年以降に利用可能になる新しい機材では、更に長距離飛行の燃費が優れているものも準備されていますので、今後長距離LCCが増加し、300ドル払えば、地球の裏側まで行けるということが普通になるでしょう。

わずか数世紀前まで、人を、これだけの距離、運ぶことは、国家プロジェクトであったのに、凄いことです。
数世紀前まで、国家予算を割いていた大陸移動のコストは、更に下がり、今後、無料のチケットも販売されるでしょう。
航空券を無料で販売し、席を100パーセント埋め、貨物オプションや、機内食を販売して元をとることになる。
乗客のなかから数パーセントでも、ホテルの予約が入れば、願ったりでしょう。そうすれば、各航空会社にとては、飛行機の運用費用等、宣伝広告費にしか過ぎなくなります。

利用者にとっては、有り難い限りで、賢い顧客(各航空会社にとっては、迷惑な限りだが)は、無料で飛行機の乗り続けるようになるでしょう。もちろん機内は、有料オプションですが、全てwifi完備で、移動中も自由に仕事が可能です。
今後、LCCの競争が激化し、こういったことは、早ければ、3年後くらいには、当たり前に起こっているのではないかと予想しています。すでに、アメリカでは、LCCより更に安いハイパーLCCが誕生し、9ドルフェアクラブも存在します。

ちなみに、こういったLCCの台頭により、世界を移動する人の数は増えていて、世界銀行の統計によると、年率5パーセントの速度で増えています。

スクリーンショット 2016-05-27 14.10.59

(The World Bank)

かつてない程、人が世界を移動する時代になり、その移動量は、今後も増え続け、綺麗な成長線を更新するでしょう。
そこでは、新しい流れも生まれるはずですが、お金が落ちるのは、レガシーな「旅行業界」等ではなく、21世紀的なもっと違う経済圏になる思っています。

世界を飛びまわって働くことも今より、もっと当たり前になるし、旅行も手軽になるし、労働許可さえ貰えれば、地球の裏側からすぐに出稼ぎ移民が低コストの飛行機でやって来るでしょう。

僕は、移動をしやすくするため、完全に、LCC用にスーツケースを最適化させました。
LCCは、ジャックアタリの説いたノマド化する21世紀を加速させるインフラなのです。

■お知らせ
オンラインサロンの新規会員募集のお知らせ
■[世界で生きる研究・実践所]
国の境目もなくなり、国を跨いで生活することや、仕事をすることも普通になり、ビットコインなどの暗号通貨が誕生し、お金の在り方まで変わりつつある現代を、より有利に生き抜くことを研究する会員制コミュニティです。新しい時代の、ビジネス・投資・生活・旅全般をハックしていきます。。
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■筆者へビットコインの投げ銭・寄付 もしブログが面白かったり、役にたった方へ。ビットコインの投げ銭を頂けると、とても喜びます。 17WBxjLLusGuNK5wUsP3dKjEc3apx6rwcY  

関連記事

人がいう「ノー」「無理です」という言葉に、もっと懐疑的になるべき事例

英語にコンプレックスを持っている日本人が知るべき、世界で現在使われている英語の現...

9.11を再現するクレイジーなプロジェクトが、クラウドファウンディング中

「学生・若者は、海外に行くべきか?」という問いに、真面目に回答した

合理的国家・シンガポールの少子化対策。国営の出会い系サイトを設置しても先進国の少...

生産性を向上させるために今すぐできる、睡眠改善方法5つ