『Think Simple』シンプルという宗教を極限まで、崇拝したAppleの仕事哲学

本日は、こちらの本の紹介を。

Appleの担当広告代理店のクリエイティブディレクターとして、また、NexT時代も含め、スティーブ・ジョブズと、合計12年間、ともに仕事をしてきたケン・シーガルによる名著です。

伝説的なキャンペーン、Think Differentを手がけ、iMacという名前を考案したのも彼であることから、ケン・シーガルという人物が、Appleの世界観に大きく貢献したことは疑いようが無いでしょう。

『Think Simple』というタイトルの通り、Appleのシンプルに対する献身さを突き詰めた本です。
広告代理店のシャイアット・デイという立場で書かれた物だからか、マーケティング本だとされることもありますが、実際には、「シンプル」という哲学を、Appleが、どのように実践してきたか、という記録です。

Appleの製品は、シンプルだということは言うまでもないでしょう。
誰でもすぐに操作が出来るiPhone、シンプルな製品ラインナップ、シンプルなApple Store、普通の消費者から、見ても、その例はいくらでもあげられます。

そして、Appleの成功要因は、そのシンプルさにあったことは、今では、誰でも分かっています。

では、なぜ、人は、シンプルを実践できないのか?ということの理由を突きつけられるのが、この本です。

なぜ、他の企業が、実践出来ないのか、という問いに対する答えを、ケン・シーガルは、簡単に、このように示しています。

「アップルの持つシンプルさへの執着が誰の目にもあきらかで、金銭的にすばらしい結果を出していることが誰の目にもあきらかならば、どうして他のテクノロジー企業はそれをまねて、同じように成功しようとしないのだろう?  ひとことで答えると、それは簡単ではないからだ。  シンプルさは、層のように既存のビジネスの上に載せられるものではないし、あらかじめパッケージに入ったものでもないし、オン・オフのスイッチで動くものでもない。それでも、決意と知識があれば、誰でもそれを利用することができる。」

決意と知識、そうなんですよね。すごい理解ができます。
部分部分、上辺だけのシンプルさは、通用しないから、もしシンプルという概念を取り入れるならば、徹底的に取り入れないといけないんですよね。

中途半端なシンプルさは、ただの廉価品。
複雑さとの、共存はしないのだと、何度も繰り返し書かれています。

「覚えておいてほしいのは、シンプルさは一〇〇かゼロかだということだ。勝手な都合で取捨選択することはできない。その一部を受けいれるだけのエネルギーしかないのならば、試しても自分がダメージを受けるだけだ。」

ケン・シーガルは、Apple以外にも、デル、IBM、インテルなどとも、仕事をしている経験を持ち、それらの企業との対比としての、具体的なエピソードが、随所で描かれます。
いずれも、製品、または仕事自体の、複雑さによって、価値を毀損したというストーリーか、シンプルさに挑戦しようとしたものの、それをAppleにように極限まで、追求できなかったことの失敗談が中心ですね。

デルのPCは、今でも、製品ラインナップが多くあり、それぞれのモデルの特徴が曖昧なのは変わっていないですし、そのなかに、処理能力などがMacより優れたデルのパソコンがあったとしても、Appleのブランド価値は、今、デルより、圧倒的に高いこと事実です。

著者は、デルを例に出してますが、日本家電メーカーに、ケンシーガルが関わることがあれば、その複雑さに絶句していたでしょうね。

結局、それらの家電メーカーの多くは、2016年現在、相当縮小を余儀なくされ、皮肉にも、ミニマムになったことから、シンプルさという概念を以前より、実践しやすくなったはずなのですが、相変わらず超複雑なママです。

ほか、様々な側面で、シンプルというものは、何か、また、それを追求することが、どれほど困難なことが書かれていますが、著者の広告代理店という立場からすると本領と思われるマーケティングの面では、このように記述しています。

「他のコンピュータメーカーとは違って、アップルは通常、ターゲットをビジネスと一般消費者に分けてマーケティングプランの効果を弱めることはしない。iPadは、その前に発売されたiPhoneと同様に人口統計学上の最大のグループ、すなわち人類に狙いをつけている。」

それは、確かにそうでしょう。
iPhone・Mac・iPadいずれも、特定のレイヤーの人間が好むという話は、聞いたこともないし、想像も出来ません。
この考えひとことに、真似をすることが、どれだけ困難かを突きつけられる事になります。

それでも、シンプルであることは、Apple以外にも可能なはずだ、とも同時に説くのが、ケン・シーガルで、それに必要なのは、知識と、決意だけだと明言しています。

数あるApple本のなかでは、決して、有名なものではないかもしれませんが、Appleのファンや、スティーブジョブズのファン以外も、読むべき名著です。

最後にこちら「Think Different」の動画も改めて。

Here’s to the crazy ones. The misfits. The rebels. The troublemakers. The round pegs in the square holes. The ones who see things differently. They’re not fond of rules. And they have no respect for the status quo. You can quote them, disagree with them, glorify or vilify them. About the only thing you can’t do is ignore them. Because they change things. They push the human race forward. While some may see them as the crazy ones, we see genius. Because the people who are crazy enough to think they can change the world, are the ones who do.
クレージーな人たちがいる
はみ出し者、反逆者、厄介者と呼ばれる人達
四角い穴に 丸い杭を打ち込む様に
物事をまるで違う目で見る人達
彼らは規則を嫌う 彼らは現状を肯定しない
彼らの言葉に心を打たれる人がいる
反対する人も 賞賛する人も けなす人もいる
しかし 彼らを無視することは誰にも出来ない
何故なら、彼らは物事を変えたからだ
彼らは人間を前進させた
彼らはクレージーと言われるが 私たちは天才だと思う
自分が世界を変えられると本気で信じる人達こそが
本当に世界を変えているのだから

■INFORMATION
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■年間50回ほど飛行機の乗る、ノマド生活をしている筆者が、持ち歩いているガジェットや、トラベルグッズ

■初心者向けに、ビットコインに関する情報をまとめました。

■[途上国・新興国研究所] アフリカ地域をはじめとした途上国、新興国をテーマにしたオンラインサロンを運営中です。 途上国、新興国にとどまらず、世界で働く、国を跨いで働くということに感心がある人の集まったコミュニティです。
■ビットコインの投げ銭で、ブログを応援する。CloudTip  

関連記事

もし金融リテラシーが欠けていると感じるなら読むべき、お金の知識を身につける本・1...

大企業の不真面目さから、改めて振り返る、投資家がお金よりも大切にしていること。

[ビットコイン初心者向けのお勧め書籍や、エントリ]ビットコインってそもそも何?と...

衰退する日本経済と仮想通貨をテーマに描いた物語。アンダーグラウンド・マーケット。

良い人生を獲得するには、自分で決断することに繋がる思考力が必須であるのに、学校教...

[随時更新]より深く理解するためのビットコイン・仮想通貨・暗号通貨の関連書籍