Amazonで、ハードウェアウォレット【Trezor】が買えるように!もし、ビットコインを保有しているなら、必ず1つは持っておこう。

Amazonで、ビットコインハードウェアウォレットが買えるようになったそうです。

今までは、本家の英語表示のサイトのみからの注文でしたが、大分買いやすくなりました。
プライムなら、翌日に、すぐに届くのも、ポイント高いです。

今回の販売は、取引所zaifを運営するテックビューロと、SatoshiLabs s.r.o.の提携によるもの。

https://corp.zaif.jp/info/2014/

Trezorについて上記のリリースより引用

TREZORとは?
TREZORは非常に小さなデバイスであり、近年では世界でも100カ国以上で標準的に使用されているハードウェア型のビットコインウォレットです。電源も必要なく、USBでPCに接続するだけでブラウザからウォレットを利用でき、デバイス内に安全に保存された秘密鍵がその外に一切出ることもありません。
PCで入力される情報がウイルスやマルウェア、キーロガーで読み取られたとしても、物理的にデバイスと暗証番号とが揃わない限り送金することが不可能であるため、TREZORを使うとビットコインを安全に保管・使用することが可能です。
2016年の春以降、日本でもビットコインの知名度が上がり、昨今の価格高騰も伴い個人が高額のビットコインを保有することも珍しくなくなりました。今までは、ビットコインの管理は一般的なユーザーには複雑でしたが、TREZORを使うとたった2つのボタンを使うだけで、PCから簡単にビットコインを保管・使用できるようになります。

ビットコインの保管にハードウェアウォレットは、本当に必要なのか。

一言でいうならば、必要でしょう。
ある程度の金額のビットコインを持っている人は、ハードウェアウォレットを購入するべきです。

PC・スマホのウォレットや、また、webウォレットは、秘密鍵をマルウェアなどに盗まれる可能性が有ります。
webウォレットえはもちろん、自分のデバイスも、どんなにウイルス対策をしていたとしても、ネットに繋がっている以上、危険にさらされる可能性は、ゼロではありません。

また、ビットコインの取引所にあずけているビットコインは、秘密鍵を、自分自身で管理することは出来ません。
つまり、ビットコインの本当の意味で、自身で管理していることには、なりませんし、取引所内でいくらビットコインを動かしたところで、ブロックチェーンもしません。
預けている取引所の、経営のうえでの財務面もわかりませんし、取引所が外部のハッカーの攻撃を受けるかもしれないですし、取引所の従業員が、内部犯行として顧客のビットコインを盗む可能性もあります。
健全に運営している、取引所で、完全に、コールドウォレットで管理しているところでも、フィッシングなどは、考えられ、マウントゴックスのような事件が起こる可能性は、絶対にゼロにはならないです。

ネットと完全に切り離され、更に、Trezorは、使用の際のパス入力も、暗号化されるので、現時点での、ビットコインの保管方法として、もっとも安全な方法だといえます。

また、近々、ビットコインだけでなく、イーサリアムの保管にも対応するとのこと。

一万円ちょっとをケチって、泣くことになるなら、絶対に買ったほうが良いです。

詳しい使い方については、後日、テックビューロから、使い方の日本語リリースもあるそうですので、そちらを参照してもらうとして、僕も、今回、Amazonで売りだされたTREZORを1つ購入しました。

というのも、先日、ハードウェアウォレットを1つ紛失してしまったのです。
僕は、基本的に家がない生活をしているので、1つのハードウェアウォレットを常に、自分の家に置いておくということはしていません。

色々、思考した結果ですが、ビットコインハードウェアウォレットを2つ用意することにしました。
ハードウェアウォレットA、ハードウェアウォレットBを、いずれも、秘密鍵を暗号化して紙にしています。
実家を物置代わりにして、
ハードウォレットAは常に持ち歩いていて、暗号化した秘密鍵を実家に置いてます。
ハードウェアウォレットBは、実家に置いてあって、暗号化した秘密鍵を、持ち歩いています。

一応、これで、家が崩壊しても、アホな自分が、持ち歩いてるハードウェアウォレットをなくしても大丈夫だろうと考えております。

で、先週、実際になくしてしまったので(アホすぎる)、アドレスは無事に復旧しましたが、新しくデバイスを購入した次第です。

結構、コアなビットコイナーは、2台持ちしています。
セキュリティ・安全に保管する方法に関しての懸念は、ビットコインの課題であり、ハードウェアウォレットも結局工業製品なので、たくさん売られて、価格が安くなればいいのにな、とも思ったりします。

ある程度の金額のビットコインを保有しているなら、ハードウェアウォレットは、マストです。

ゴックスの夢を見ずに、安心して寝れますよ。

■お知らせ
コミュニティメンバーの新規会員募集のお知らせ
■[世界で生きる研究・実践所]

今、僕たちは、仕事や働き方は、もちろん、国家や、お金の在り方まで変わりつつある大変面白い時代を生きています。 そういった現代を、より有利に生き抜くことを研究する会員制コミュニティです。新しい時代の、ビジネス・投資・生活・旅全般をハックしていきます。
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■筆者へビットコインの投げ銭・寄付 もしブログが面白かったり、役にたった方へ。ビットコインの投げ銭を頂けると、とても喜びます。 17WBxjLLusGuNK5wUsP3dKjEc3apx6rwcY  

関連記事

2016年クレイグ・ライトショック。ビットコイン開発者ナカモトサトシを巡るドラマ...

[初心者向け]初めてビットコインを手に入れる・購入する方法

財政危機のベネズエラで、政府公認のビットコイン取引所が運営開始

NO IMAGE

クラウドセールパーティーで踊るなら、出口のそばで

中国当局にとってビットコインは、そもそも規制すべき資金流出の懸念なのか?

若干20歳で、Ethereumを開発し、暗号通貨界のカリスマとなった、Vitar...