タンザニア視察アテンド企画終了。支援でもスタディーツアーでもなく、ビジネスの場として、アフリカを視る。

タンザニア国際商業見本市「サバサバ」を機会に、現地をアテンドをする企画を、7月7日~7月11日に、開催しました。

タンザニアは、東アフリカに位置をする国で、ケニア・ルワンダ・ウガンダ・マラウイなどの隣国に存在します。
この地域の国で、最も先行して、発展をしているのは、ケニアですが、それに次いで、経済成長をしている国でもあります。
キリマンジャロ・セレンゲティサファリ・ザンジバルと、観光資源にも恵まれています。

タンザニア国際商業見本市「サバサバ」は、東アフリカ最大規模の商業見本市で、例年7月に開催されます。
毎年20万人程度の人が入場し、企業は、東アフリカ各国から集まります。
僕自身も、毎年、何かしらの形で関わっていて、すっかり、馴染みのあるイベントの1つになりました。

今回のアテンド企画は、4泊5日で、催行し、1日、国際商業見本市を周遊し、その他の日程は、様々な企業や、大学、アフリカの資産家を訪問する時間を設けました。
そして、夜は、ほぼ毎晩、会食をアレンジメントし、恐らく、他社の企画では、絶対に真似が出来ない内容で、今年も開催をすることが出来ました。
実際、他社企画のホームページなども、見ていますが、当アテンド企画より、コストパフォーマンスが良いものは、そうそうないのではないか、と自信を持っています。

もともと、オンラインサロン発の企画で、去年2015年にも一度開催し、有り難いことに盛況を頂いて、今回が、二回目の企画です。

コンセプトとしては、視察アテンド企画で、観光ツアーではありません。
こちらが、募集ページだったのですが、実は、正確な訪問先企業などは、この事前には、伝えていません。

3ヶ月前に、アポイントをとって、実際に、訪問できるかどうかが、変更になってしまう可能性なども高く、確実な約束は、出来ないからです。

訪問先企業の選び方は、仲が良く、アフリカを理解するのに、良い視座も得れる、いくつかの企業さんを、いくつか事前に決めているのと他に、参加者の興味・仕事を元に選定しています。

例えば、中古車関連の人が、参加者に多ければ、知人のカーディーラーなども、アテンドに企画に、組み込みますし、広告業務に感心がある方が、いれば、そういった会社を訪問先に組み込むこともあります。

個別に視察アレンジメントをしても良いのですが、そういった形ですと、車を一台で動かし、こちらの時間もコミットしないといけないことから、自然に、料金は高額になります。

もちろん、そういった金額を払って頂ける方で、真剣にアフリカに来られる方には、誠心誠意対応をするのですが、その場合、多くの人にとって、リーズナブルなアレンジメントは出来ません。
ですが、7~10人くらいの参加者を募ると、一人当たりの負担を下げて、視察のアレンジメントを行うことが出来ます。

“少しでも多くの人に、アフリカを知ってもらう、アフリカ市場を知ってもらう”ということにフォーカスをすると、こういった企画作りが、最適なのかな、と今のところ思っています。

今年は、例年と訪問先企業なども、若干変更していますが、一番の変更点は、日程を前回、3泊であったところを4泊に変更した点です。
というのも、去年は、「なるべく濃い内容を!」ということが、裏目に出て、スケジュールが過密になった結果、体調を崩された方も出たからです。

今回は、1日伸ばした内の、半日を使って観光の時間も多めに設けました。
タンザニアは、インド洋に面していて、海が、面していて、上述したように、観光スポットが豊富です。
半日使用して、ビールなどを買い込んで、離島へ、出かけました。参加された方の人柄にも恵まれたこともあり、とても楽しい時間になりました。

今回、参加された方からは、実際に、現地で事業を組み立てる方も出てきそうです。
訪問した企業が、商品に興味を、持って、やり取りを進めているとのこと。

第一回目開催の去年もそうでしたが、このように、アテンド企画に、参加して、その後、実際に、現地で動かれる方が出てくるということは、主催者としては、何より嬉しいことですね。こういった事例が出てくると、企画を開催して、本当に良かったと思います。
ところで、この視察企画は、参加費15万円くらいだったのですが、この金額に関して、参加者には、おおよその経費内訳と、大体の損益分岐点を伝えています。
視察企画・経済を見ることをコンセプトにしている以上、そういったことも、見せていくことは、役にたつかな、という考えからです。
で、その裏側も知ると、多くの方が、このプライスで、このツアーを組んでいることの驚いてくれます。

アフリカに来たことない人は、分からないのですが、アフリカは、途上国でも、様々なものを輸入品で、賄っているので、物価が高いですしね。

これまでタンザニアの視察アテンド企画は、例年7月、年1回の開催でしたが、今後は、年2回開催をすることも、検討中です。
ご興味ある方は、是非、お問い合わせくださいませ。

最後に、企画中に、撮影した写真をいくつか。

共有用(自由にアップロードして下さい)_1542 共有用(自由にアップロードして下さい)_3404 共有用(自由にアップロードして下さい)_4672 共有用(自由にアップロードして下さい)_9012 共有用(自由にアップロードして下さい)_8358 アテンドレポート10

 

共有用(自由にアップロードして下さい)_155

訪問先企業などでは写真を撮っていないので、観光旅行のような写真になっていますが、経済視察企画ですよ(笑)

■INFORMATION
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■年間50回ほど飛行機の乗る、ノマド生活をしている筆者が、持ち歩いているガジェットや、トラベルグッズ

■初心者向けに、ビットコインに関する情報をまとめました。

■[途上国・新興国研究所] アフリカ地域をはじめとした途上国、新興国をテーマにしたオンラインサロンを運営中です。 途上国、新興国にとどまらず、世界で働く、国を跨いで働くということに感心がある人の集まったコミュニティです。
■ビットコインの投げ銭で、ブログを応援する。CloudTip  

関連記事

7月開催!東アフリカ最大規模・国際商業見本市アテンド企画

【新興国アプリ研究レポート】アフリカ初のユニコーン企業 JUMIA は 本当に儲...

アフリカのシンガポールを目指す、虐殺から再出発したルワンダ

未だ、社会主義の影響も残るアフリカの国、エチオピア

史上最もハイパーインフレしたジンバブエドルが、刷新。歴史は繰り返す?

【新興国アプリ研究レポート】アフリカでのライドシェアアプリを展開する会社とその戦...