「仮想通貨」と「暗号通貨」という言葉の使い方について

仮想通貨と暗号通貨、正しい呼び方は、どちらか

ビットコインをはじめとした、デジタルマネーは、仮想通貨という言葉で呼ばれたり、暗号通貨という呼ばれ方をしています。

比較的新しい概念ではあるので、明確に定義づけて、言葉を使用している人も少ないと思いますし、それぞれ意味に大差を感じる必要は、ないと思います。 ただ、ビットコインやブロックチェーンに可能性を感じるほとんどの人の間では、世間一般で主に用いられる仮想通貨という呼び方より、暗号通貨という呼び方を好みます。 僕も、普段から、暗号通貨という呼び方を、自然に使っています。

先述しているように、両者は、明確に定義づけられているわけでもないので、2通りの呼び方は、好みの問題といっても良いです。

ただ、「絶対儲かる仮想通貨セミナー」みたいな怪しい業者は、一向に減る気配もなく、わらわらと出てきますし、ビットコインをそれらと同じ、仮想通貨という言葉で、括られてしまうのは、複雑な気分でもあります。

ちなみに、仮想通貨、つまりバーチャルカレンシーを、「実体のないお金」と定義するのならば、僕にとって、日本銀行券も仮想通貨です。

関連記事:仮想通貨という言葉の不都合な真実。日本銀行券も仮想通貨だよ。

最近は、大手メディア、日経新聞などの一般的なビジネス誌でも、ビットコインの話題が取り上げられることも増えてきました。

しかし、いずれのメディアでも、仮想通貨のビットコインであり、暗号通貨という言葉は、専門的なメディア以外で、使われることは、ほとんどありません。

ただ、英語圏では、一般的なメディアでも、仮想通貨(バーチャルカレンシー)という呼び方をせず、暗号通貨(クリプトカレンシー)という呼び方です。

そもそも、ビットコインなどは、暗号技術の集積によって、実現したのだから、暗号通貨という呼び方のほうが、妥当だとは思います。

 

自身の見解と方針

とはいいつつ、ビットコインなどが、今、少しづつ多くの人に使われていようとしている中で、多くの大手メディアが、仮想通貨という呼称を使用している以上、こちらの呼び方が、いずれは、完全に定着するだろうとも思います。

参考までに、google keyword plannerで、「仮想通貨」、「暗号通貨」それぞれの検索ボリュームを、調べますと、以下の通りです。

スクリーンショット 2016-08-07 16.29.34

 

スクリーンショット 2016-08-07 16.28.55

「暗号通貨」のキーワードが、月間平均3000ちょっとのボリュームであることに対し、「仮想通貨」での検索ボリュームは、平均で、1万を超えています。

ブログを書いている身としては、PVに流入が見込める単語を使いたいところであり、僕も、これからは、暗号通貨(仮想通貨)みたいな書き方であったり、少しずつ、仮想通貨というキーワードを取り入れていきたいと思っています。 少なくとも、このブログでは、どちらの単語を使っていても、基本的に、意味は同じです。

このように、「暗号通貨」というワードで、検索流入の期待値が、相対的に減ってくると、以前から、暗号通貨という呼び方で情報発信をされていたブロガーなどの方も、呼び方を、そのうち変更し、最終的には、「仮想通貨」という呼び方が、完全に浸透するのではないかなと思います。

■お知らせ
オンラインサロンの新規会員募集のお知らせ
■[世界で生きる研究・実践所]
国の境目もなくなり、国を跨いで生活することや、仕事をすることも普通になり、ビットコインなどの暗号通貨が誕生し、お金の在り方まで変わりつつある現代を、より有利に生き抜くことを研究する会員制コミュニティです。新しい時代の、ビジネス・投資・生活・旅全般をハックしていきます。。
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■筆者へビットコインの投げ銭・寄付 もしブログが面白かったり、役にたった方へ。ビットコインの投げ銭を頂けると、とても喜びます。 17WBxjLLusGuNK5wUsP3dKjEc3apx6rwcY  

関連記事

ビットコインの先物を始めるなら、絶対に気をつけておきたいこと

ジム・ロジャーズ氏が、「ビットコインを買うべきだった。」とコメント

2030年のビットコインの価格予想をアンケートしました。

Amazonで、ハードウェアウォレット【Trezor】が買えるように!もし、ビッ...

インドやベネズエラのような新興国での、ビットコインの高騰について思うこと

SegWit +2MB案と、価格だけ元気なビットコインについて感じていること