[随時更新]より深く理解するためのビットコイン・仮想通貨・暗号通貨の関連書籍

このエントリーは、ビットコイン・暗号通貨・仮想通貨に関連した書籍を、まとめたものです。

「ビットコインって、そもそも何?」というような方が、手っ取り早く、概観を理解するための記事や書籍は以前に、まとめましたが、当時より、ビットコイン関連の書籍も多く出てきましたので、まとめ記事を作ってみました。
このエントリーは、随時更新していきます。

関連記事:[ビットコイン初心者向けのおすすめ書籍や、エントリー]ビットコインってそもそも何?という人は、こちらを読みましょう。

このエントリーでは、ビットコインや、仮想通貨に関連する書籍でも、初心者でも読めるものから、技術的なもの、小説まで、まとめました。

 

ビットコインはどのようにして動いているのか? ビザンチン将軍問題、ハッシュ関数、ブロックチェーン、PoWプロトコル  -大石哲之

ビットコインのブロックチェーンの仕組みを、分かりやすく、説明した本です。
技術本の分類されますが、数字が苦手な文系の方でも、全く問題なく、読めるように構成されていて、その上で、理解するべきポイントを書いてあります。
2014年に出された本ですが、未だ、この本以上に、分かりやすくブロックチェーンを説明しているものはないのではないかと思います。

仮想通貨革命 -野口悠紀雄

経済学者である野口悠紀雄先生による書籍。
こちらは、技術的な面からでなく、仮想通貨および、暗号通貨が、将来的に、社会にどのような影響をあたえるか考察した本です。
経済学者ですが、技術的な部分も、念頭においた上で、議論を展開されている。マストリードだと思います。

ブロックチェーンの衝撃 -ビットバンク株式会社&『ブロックチェーンの衝撃』編集委員

取引所などを運営するビットバンク株式会社の監修によって、発行された書籍。

ビットコインや、暗号通貨(仮想通貨)に従事する、メディア、国内外のスタートアップ、弁護士が、それぞれ各章に寄稿しています。
2016年時点の、同業界のオールスターが、揃っています。
ブロックチェーンが社会をどのように変えていくか、技術サイドの話題から、今、すでに起こっていること、非常に広範に取り扱われています。
一度ダウンロードして、ゆっくりでも良いので、読んでおくべきだと思います。

ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術

アンドレアス・M・アントノプロス氏が、書いた、ビットコインの技術本です。
海外で、ビットコインに従事しているエンジニアは、この本をこぞって勧めています。
2016年7月に、ついに和訳が、発売された形になります。
僕自身は、技術者ではないですが、より深く理解するのは、手を動かすことも必要だろうと思うこともあり、購入はしたものの、まだ全く読みきっていません。
少しづつ、ページを進めながら、色々動かしたいところ。

中央銀行が終わる日: ビットコインと通貨の未来 ー岩村 充

「中央銀行が終わる日」と過激なタイトルです、著者の岩村氏は、日銀出身です。
金融緩和・マイナス金利の問題点と、暗号通貨(仮想通貨)の未来を論じ、それらは、それぞれ、お互いに影響を与えるようになるだろうという示唆を示しています。
タイトルの「中央銀行が終わる日」は、決して、ビットコインのような、非中央集権的なシステムを礼賛したものではなく、とても面白かったです。

貨幣の「新」世界史――ハンムラビ法典からビットコインまで ーカビール セガール

この本は、決して、ビットコインにフォーカスした本ではなく、貨幣の歴史を取り扱った本です。
その一部に、ビットコインが、含まれるという格好です。
貨幣の源流を辿った有名な本は、いくつかありますが、この本は、生物学や脳科学、宗教からの観点からの考察も含め、限りなく広範に、貨幣を考えた本です。
暗号通貨(仮想通貨)に、興味を持ち始めると、それ自体ばかりではなく、「そもそもお金とは?」ということを考えるようになるのは、自分だけではない筈です。

アンダーグラウンド・マーケット  藤井太洋

こちらは、SF作家による完全にフィクションの小説です。
2018年、実質的に、経済が衰退する日本と、仮想通貨をテーマに描いた本です。
この本の主人公は、それこそ下層ノマドみたいな生活をしていて、仮想通貨の決済システムを導入するエンジニアで、その経済圏を目指している。
フィクションだから、割り切れる設定もかなりあるものの、小説としては、面白かったです。

以上、ビットコインや、暗号通貨・仮想通貨を取り扱う書籍のまとめでした。
このエントリーは、随時更新していきます。

■お知らせ
オンラインサロンの新規会員募集のお知らせ
■[世界で生きる研究・実践所]
国の境目もなくなり、国を跨いで生活することや、仕事をすることも普通になり、ビットコインなどの暗号通貨が誕生し、お金の在り方まで変わりつつある現代を、より有利に生き抜くことを研究する会員制コミュニティです。新しい時代の、ビジネス・投資・生活・旅全般をハックしていきます。。
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■筆者へビットコインの投げ銭・寄付 もしブログが面白かったり、役にたった方へ。ビットコインの投げ銭を頂けると、とても喜びます。 17WBxjLLusGuNK5wUsP3dKjEc3apx6rwcY  

関連記事

ビットコインキャッシュなど、ビッグブロック派は、どのようなビットコインを作ろうと...

暗号通貨(仮想通貨)の市場の時価総額や市場構造などにについて

【書評】『中央銀行が終わる日』ー政府発行の通貨・ビットコイン、それぞれの欠陥は?

人工知能と倫理観を考えた漫画『AIの遺伝子』が面白くお勧めです。

ビットコインとノマド

若干20歳で、Ethereumを開発し、暗号通貨界のカリスマとなった、Vitar...