英語にコンプレックスを持っている日本人が知るべき、世界で現在使われている英語の現実

未だに、英語にコンプレックスを持っている日本人は、多いように感じます。

訪日外国人が、年間2000万人を越えようとしていて、日本に住んでいても、嫌でも、英語を使わない場面が多くなったので、少しは、以前より、英語が身近になっているかも知れませんが、それも、東京都内に限られるように思います。

そもそも、何故、日本人が、こんなに英語コンプレックスを持っているんだろう?と考えると、やはり、英語=白人が使う言語(特にアメリカのイメージが、やはり強くつきまとう)だと、思っているからなんでしょう。

英語を勉強する日本人のクラス中でさえ、皆の前で、発音練習を恥ずかしがる日本人にとって、英語を、自分の主張を前面に出す傾向がある彼らの言語だと思っている限り、それを遠いものだと感じてしまうのは、今後も、変わらないかも知れません。

今後は、欧米圏ですら英語は、白人のものでなくなるだろう。

ですが、多くの日本人が、イメージしている、「アメリカ人の英語」は、世界全体では、マイノリティです。

アメリカ人の英語は、世界中でマイノリティということは、聞いたことあっても、実際にどのくらいマイノリティなのか、をイメージ出来ている人は、少ないのではないかと思います。

現在、世界の英語を話す半分以上は、中国人・インド人、それにヒスパニック系や、アフリカ系です。
僕は、アジア圏や、アフリカ圏を歩いて、いくつかの国では、ビジネスもしていますが、商談などで話す際は、英語で話します。ただし、それは、その現地の人の訛った英語です。

彼らにとって、母国語は、英語でなく、文法は、当然のように壊れていますし、その語彙力も酷いものです。
それでも、その英語を日常生活で使ったり、英語で仕事をしています。

何故かといえば単純で、必要だから。英語を覚えることは、明確に就業機会の向上に繋がったからです。
戦後、日本人が、あまり英語を覚えなかったのは、国内に市場が有り、就業機会があって、必要性がなかったからです。

ちなみに僕はというと、大学性のころに個人輸入みたいな仕事を始めて、海外で仕事をするようになって、英語もそのときから勉強し始めたのですが、その英語は酷いものでした。
今でも、英語力は、大したことないですが、なんとか、仕事になっています。
参考:18歳のとき、正真正銘ノースキルの大学生だった僕が、商売を始めた話。自分にとっての仕事の原点。

そして、今、アジア地域が、経済成長して、世界のなかで、1つのマーケットと見なされるようになって、欧米から来た人は、彼らの英語を聞き取れなくて、苦労をしています。

これが、アジア地域だけかというと、そうでもなく、アメリカ国内でさえも、起きていることです。
2016年の夏、僕は、久しぶりにアメリカに渡航し、はじめてシリコンバレーにも足を運びました。
そのとき、企業を数社見学させてもらったのですが、オフィスですれ違う人は、アジア系ばかりです。白人は、少数派です。
そして、彼らは、社内で、インド人の同僚の英語を聞き取るのに、苦労をしていると言います。

現在、私立のアメリカの中学校では、英語の時間の中で、カリキュラムを組んで、インド系英語のリスニングを勉強する学校も多いと言います。
中国人とインド人を合わせると、世界の3分の1になるのだから、彼らに合わせる傾向になるのは、当然だと言えます。

こういった英語が、今、世界中のマジョリティになりつつあり、当然、彼らの英語は、母国語でもないし、オリジナルでもないのですが、発音も文法も、スタンダードだと思われていた英語も壊れてしまったのです。
世界の英語が、このように変容したからこそ、最近は、誰もが、ブロークンな英語に寛容的になっていると感じます。

もちろん、こちら側も、インド人の発音を聞きとる努力を払わなければならないのですが、逆に、僕達、日本人が、日本人訛りの発音、壊れた文法を、聞き取ろうとしてくれます。

だから、日本人は、話す内容と態度にだけ、真摯になれば、本当は、中学生レベルの英語で、コミュニーションは、行えるはずなんです。

英語は読むスキルの方が重要かも知れない。

ところで、最近は、時間をかけて投資すべき、英語の勉強は、「話す力」以上に、「読む力」なのではないか、と感じます。

何かを調べようと思って、インターネットで検索しようとしても、英語と調べるのと、日本語で調べるのでは、調べられる深さが、全く違います。
必ずしも、英語リソースの質が良いという訳ではないのですが、情報の絶対量が多いので、母数が多いと、その中には、質の高い情報も多いです。
今、インターネット上の情報は、英語30%、中国語25%、日本語3%以下だと、言われていますので、その差は、明らかです

また、比較的新しいトピックは、日本語の情報が、入ってくるのは、遅い傾向にあります。
最近だと、ビットコインなどですね。日本語で発信されるブログやメディアも増えましたが、英語で情報収集できることによって、取れる情報量は圧倒的です。

読む力としての英語は、ニュースサイトを読んだり、本を読んだり、結局、多読することが近道だと思いますが、その際は、Kindle端末を使うと、英語学習は、非常に捗ると思います。

参考記事:僕たちに、紙の本はもう必要ない。Kindle端末のメリットと、徹底活用術

また、英語の使用が、ビジネスパーソンのマストスキルかというと、そうでもないでしょう。
その証拠に、社内で、英語を公用語とした、楽天は、残念ながら海外事業を成功している状況ではないです、それと対照に、英語を全然話せないにも関わらず、海外で成功している経営者や、個人も沢山知っています、

英語は、あくまで、1つの武器に過ぎず、その武器を使った戦略を、どう組み立てていくか次第なので、英語が使えなければ、英語が使えないなりの戦略をたてるという選択肢もあります。
ですが、英語を使えるから構築出来る戦略もあるし、交流できる人の人生が楽しくなるのも、事実です。

自分も、英語の勉強は、継続しようという自戒記事でもありました。
それでは。

■INFORMATION
■ブログ著者のプロフィール
■筆者のTwitterをフォローするー
■年間50回ほど飛行機の乗る、ノマド生活をしている筆者が、持ち歩いているガジェットや、トラベルグッズ

■初心者向けに、ビットコインに関する情報をまとめました。

■[途上国・新興国研究所] アフリカ地域をはじめとした途上国、新興国をテーマにしたオンラインサロンを運営中です。 途上国、新興国にとどまらず、世界で働く、国を跨いで働くということに感心がある人の集まったコミュニティです。
■ビットコインの投げ銭で、ブログを応援する。CloudTip  

関連記事

詐欺師の経歴に、起業を失敗した人が多い説

打ち合わせが大好きなサラリーマンたちへ

日本人の安すぎる給与は、解雇をしやすくすると上がります。アメリカ企業と日本企業で...

トランプ次期大統領が、これまで行ってきたビジネス上のモラルハザードで、最も酷いも...

働きたい会社がわからない就職活動生にとって、株式投資はおすすめです。

EU離脱で、イギリス経済は、成長をするだろう。Brexitにおける自分の見解。