取引所

世界最大の取引所Biancneの2019Q1の状況。および2019年時点での戦略など。

d10n Labでは、レポート「世界最大の取引所Biancneの2019Q1の状況。および2019年時点での戦略など。」を配信しました。

前提

2018年は一貫して暗号通貨市場は下落相場でした。
多くの業界のビジネスプレーヤーは、暗号通貨価格にレバレッジをかけて運営をしている構造になっていたり、そうでなかったとしても多くの顧客・ユーザーのトラクションを失いビジネスが失速し、苦しい状況に陥りました。
2017年-2018年の暗号通貨のブルマーケットで、Coinbase・Binance・ConsenSys・Bitmainの4社は目覚ましい利益をあげ、済まさじいスピードで会社の時価総額を上げました。
しかし、ベアマーケットの中、特にConsenSysとBitmainの2社はビジネスが失速、両社とも全従業員の半数にわたる大規模なリストラと経営体制の刷新がアナウンスされたのが2018年の後半です。
その中で、売上が減少しているとは言え大規模なリストラも行っておらず、継続して売上収益を上げているセクターは取引所です。
グローバルのボリュームでトップ10圏外の取引所の収益は決して優れていないですが、トップ10圏内を目安にした取引所各社の営業は、2018年も黒字の会社が多いだろうと筆者は推測しています。
その中でも、本レポートでは、執筆時点で世界最大の取引所であるBinanceにフォーカスをして、彼らはどの程度の収益を上げているか、2018年の実績および2019年の収益予想を行います。
同分析について、Coinbaseにもフォーカスして下記のレポートも配信しています。

RELATED POST
米国最大の取引所Coinbaseの2019Q1の状況。2018年までの収益の推移、および2019年の売上予想。d10n Labでは、レポート「米国最大の取引所Coinbaseの2019Q1の状況。2018年までの収益の推移、および2019年の売上...

Binanceの2018年までの収益はどのように推移したか

Binanceの企業分析レポートは、過去にd10n Labで配信しているものがこちらです。

*Binanceが設立わずか半年で世界最大規模の暗号通貨取引所になったか考える

まず、Binanceの2018年までの収益はどのように推移したかを振り返ります。
同社が発行しているBNBトークンは、Binanceの運営によって、クオーターごとに買い戻しがされ、買い戻しが行われた分は、バーンされ市場流通量が減り、1トークンごとの価値が高まることを期待されています。
買い戻しの割合は、1クオーターの利益のうちの20パーセントです。
このバーンされているBNBの総量は公表されており、つまりこの総量を逆算することでBinanceの利益は明らかになります。

他いくつかの数字から同社の現在の状況を分析します。

d10n Labで配信したレポート全文では、このようなDApps周りの様々なツールや取り組みを概観しています。

目次
*前提
*Binanceの2018年までの収益はどのように推移したか
*Binanceの2019年の収益予想
*Binanceはいかにトークンを経営に上手く活用しているか。
*Binanceの法定通貨取引所の戦略
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。