取引所

Binanceのアメリカからのアクセスの制限や、アメリカの各取引所の規制の影響を考察する。

d10n Labでは、レポート「Binanceのアメリカからのアクセスの制限や、アメリカの各取引所の規制の影響を考察する。」を配信しました。

前提

取引高ボリュームで世界最大の取引所であるBinanceがアメリカからのアクセスを制限することを発表しました。
その他、アメリカを拠点とする取引所であるPoloniexやBittrexなどの取引所にも2019年5月から6月にかけて様々な動きが見られるようになっています。
本レポートではこれらの動きについて整理、および予想や考察をします。
なお、本レポートにおける情報は、2019年6月時点で明らかになっているものを参照していることと、一切の投資を推奨するものではないことを明記しておきます。

また、直近の規制や米国の動向について下記のレポートも前提として読まれると良いでしょう。

RELATED POST
米国SECとKik社のICOでの係争について。本係争が業界に与える影響とトークンの証券性の有無が定まる可能性がある裁判の開始。d10n Labでは、レポート「米国SECとKik社のICOでの係争について。本係争が業界に与える影響とトークンの証券性の有無が定まる可...

本レポートでは下記について解説しています。

目次
*前提
*Binanceのアメリカ進出、既存のBinanceのアメリカからのアクセスの制限
*アメリカの各取引所の規制の影響(2019年5-6月)
*直近数ヶ月今後の予想

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。