取引所

取引所Binanceの開発者イニシアチブBinance Xの概要・考察。取引所はサードパーティーの開発者といかに協業できるか

d10n Labでは、レポート「取引所Binanceの開発者イニシアチブBinance Xの概要・考察。取引所はサードパーティーの開発者といかに協業できるか」を配信しました。

前提

本レポートでは取引所Binacneが2019年8月にローンチした開発者イニシアチブプロジェクトBinance Xを概観します。
Binanceは依然として世界最大の取引ボリュームを維持する最大の取引所です。同社は2019年も、法定通貨のゲートウェイ、レバレッジ取引、先物取引、アメリカをはじめとした各国でのローカル取引所運営を開始、ステーキング、レンディングなど多様な取り組みを見せています。
これら全ては取引所として順当なプロダクト拡充とも言えるでしょう。その中でやや異色を放つ取り組みが開発者イニシアチブのBinance Xです。
本レポートでは同取り組みの概観解説と考察を行います。

目次
*前提
*Binance Xの概要
*Binance Xは現在どの程度利用されているか
*考察・取引所はサードパーティーの開発者といかに協業できるか
*総論

d10n Labにご入会して頂くと過去の800本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。(入会はこちらから)

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。