ビットコイン

ビットコインは、通貨ではないし金(ゴールド)でもない、全く新しいアセットであるということ

「ビットコインは通貨にはなれない。」
「ビットコインはデジタルゴールドである。」

というような意見や議論が、しばしばあります。

自分も、以前にこんな記事を書いています。

https://junyahirano.com/archives/1655

ですが、ビットコインはインターネットオブマネーでもないし、デジタルゴールドでもない、全く新しい何かだといえます。

ビットコインは金融政策を出来ないので、従来的な通貨として機能はしません。
しかし、不特定多数の人が存在する社会で価値があるものとして認められ、任意の単位を自由に送金できるアセットは、通貨のようなものとしての役割を果たします。
しかし、それは通貨ではなく、通貨ののようなものです。

また、ビットコインは、非改ざん性や限界供給量の点で、ゴールド(金)を強くモデリングしていますが、オープンソースソフトウェアなのでハードフォークができるし、ハッシュパワーの移動という形でプロトコル外からの影響をうけるという点や、プログラマブルという点で、ゴールドとは異なります。
ゴールドは地球上で唯一無二な元素で、ハードフォークはできないし、どんな政治的要因があれ、ゴールドはゴールドたりえます。
これもまた、ビットコインは、ゴールドではなく、ゴールドのようなものです。

そういった意味で、ビットコインは、「ゴールドのようなもの」「通貨のようなもの」で、それらのデジタル版ではありませんし、全く新しいアセットです。

新しい概念、イメージを精緻に言語化する事は、共通認識を得るために重要といえます。

ですが、大きいイノベーションが起きている時に、既存の言葉を使ってそれを定義しまおうとして、思考を狭めてしまう罠は状態的にあります。

例えば、インターネットが出たときに、「グローバルですぐに手紙を送れる」などの表現をした人たちは、その言葉によって自分の思考の限界を作ってしまっていただろうことを想像をするとわかります。
当然、それはその可能性を大きく見誤っていたと言えます。

これと同じことが、暗号通貨では状態的に起こっているような気がしています。

ビットコインは通貨のような役割を果たしますが、通貨ではなく、ゴールドより脆さがあるかもしれないですが、ゴールド以上のことが出来るかもしれない新しいアセットです。

「ビットコインは通貨にはなれない。」「ビットコインはデジタルゴールドである。」などの議論は、既存の概念を用いて認知をしやすくしているとともに、それらの言葉にとらわれやすいというトレードオフをしていえ、自分がその罠に陥っていないかは確認すべきかも知れません。


今、僕たちは、仕事や働き方はもちろん、国家や、お金の在り方まで変わりつつある大変面白い時代を生きています。 そういった現代を、より有利に生き抜くために、Facebookの非公開グループで会員制コミュニティ「世界で生きる実践・研究所」を運営しています。新しい時代の、ビジネス・投資・生活・旅全般をハックしていきます。ぜひ、お気軽にご参加ください。詳細はこちら