Dapps

ブロックチェーンを使用したゲーム及び、Non-fungible tokensの最新(2018Q4)状況

d10n Labでは、ブロックチェーンゲーム及び、Non-fungible tokensの最新動向に関するレポートを配信しました。

前提

本レポートでは、ブロックチェーンを使用したゲーム及び、Non-fungible tokensの最新(2018Q4)状況について俯瞰をすることを目指します。
Non-fungible tokens(以下NFT)については、CryptoKittiesはじめとしたアプリケーションなどでゲームアイテムなどで用いられるトークン規格であるERC721が一般的です。

NFTの概要については、2018年7月に配信をしたレポートはこちらで紹介しています。

RELATED POST
EthereumのNon Fungible Tokenが切り開く未来、将来の応用のされ方について。Ethereum上のゲームを活発にさせたきっかけであるERC721 Ethereumのトークン規格のひとつであるERC721は、それを...

それから、NFTを用いた応用や周辺の動きは、引き続き活発になっています。
なお、d10n Labでも、Geomerlin Systemsと共同でレポートをトークン化するというパブリックテストも行ったりしました。
詳細は下記のリンクに詳しいです。

d10n Lab:レポート記事を読める認証キーをブロックチェーン上でトークン化する実証実験へ
https://coinchoice.net/d10n-lab-demonstration-experiment-of-token-on-blockchain/

本レポートでは、こういったNFTトークンや、ブロックチェーンのゲームアプリケーションの最新の状況の理解を深めていきます。

Non-fungible tokensの2018Q4時点でのマーケット規模

NFTトークンのマーケット規模は、日を重ねるごとに大きくなっています。
NFTトークンの経済規模を統計するサイトであるNonFungible( https://nonfungible.com/ )を参照すると、最もNFTトークンの時価総額が大きいアプリケーションは、約$92MのDecentraland、2位は、Decentralandの不動産で$8M、3位に$4MのCryptoKittiesが続きます。(2018年12月31日時点)

Decentralandが、CryptoKittiesに20倍以上の差をつけて時価総額が高く、NFTトークンの経済規模としては、圧倒的であるということがわかります。

Decentralandは、VR空間で様々なやり取りが出来るプラットフォームを構想しており、VR空間の土地や資産をトークン化しているプロジェクトです。
例えば土地や家などで、現実世界でも、これらの性質はNon-Fungible(代替可能性がない唯一無二のもの)なので、DecentralandでもERC721によるNon-Fungible-tokenで表現がされています。
このDecentraland内の土地や資産が、NFTトークンで最も価値が高い価値を持つトークンカテゴリになります。

Gigital Currency Groupが、Metaverse VenturesというDecentralandにフォーカスをするファンドを発表するなど、現在勢いをつけているプロジェクトです。(参照: https://insights.dcg.co/introducing-metaverse-ventures-f82fc09a5f83?fbclid=IwAR3K8U6dgepSCuE7MHAmLqbpmv8zz9FN5e16o6xE9JMK0Intu8Ad6L7ztn4 )

CryptoKittiesでは、最も高額な猫は、これまで$170K(約2000万円)で取引されました。(参照: https://thenextweb.com/hardfork/2018/09/05/most-expensive-cryptokitty/?fbclid=IwAR1wNAMkCCovMO5eZ1okwPRFEqRtsyu99U_pznsPpY-IjzO34mJXNn2Eo7U )

Coinbase Venturesなどが出資をするゲームのGods Unchainedでは、最も価値が高いトークンは、$60,000がついています。
(参照:https://twitter.com/godsunchained/status/1024985648254529537?lang=en&fbclid=IwAR2xWHlAVALmyMmJHCopnIOWh_RCW-l27mecCP_iHDJIdHeXE_H9obd_qLE)

また、国内のプレーヤーでは、My Crypto Herosが、ゲームキャラのプレセールを行い、694ETH(当時時価約800万円)を売上げ、その後、デイリーアクティブユーザーベースで他のブロックチェーンを利用したゲームを追い抜き、1位をキープしています。(参照:https://dappradar.com/ )

d10n Labで配信をしたレポート全文では、MyCruptoHerosのアーキテクチャから考察する今後のブロックチェーンゲームの傾向予想や、CryptoKittiesの現在の状況、Ethereum以外のブロックチェーンを利用したゲームまで様々な内容を取り上げてます。

ブロックチェーンのゲーム・NFT領域についての概観、ビジネス観点でかなり網羅できてると思います。

目次
*前提
*Non-fungible tokensの2018Q4時点でのマーケット規模
*CryptoKittiesの最新動向
*MyCryptoHerosの実装に見る2019年のブロックチェーンゲームのトレンド予測
*ERC721トークンのマーケットプレイスや販売方式の多様化
*ブロックチェーンを使用したゲームのUI/UXを改善しようとする様々な取り組み
*Etheruem以外のブロックチェーンを利用したゲームについて
*ブロックチェーンを利用したゲームがマスにアダプションをするに必要な要素とは何かを考える。
*総論

(続きは、d10lab研究所サロンに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くと研究所サロンの過去の650本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。

FOR MORE DETAILS