Stablecoin

Stablecoinのイシュアーのビジネスモデル。このレイヤーに何故投資が集まり、どのように投資は回収されるか

■Stablecoinにどのくらいの投資が行われているか。

d10n Labでは、Stablecoinのビジネスモデルについて概観を行うレポートを配信しました。
多くのStablecoinが資金調達を行い、この領域のビジネスに取り組んでいることは周知の通りです。

例えば、以下のようなプロジェクトが巨額な資金調達を行っています。

TrueUSD :$21,7M
MakerDAO:$27M
Terra:$32M
Reserve:$5M
Carbon:$2M
CENTRE:$20M

Blockchainのレポートによるインフォグラフィックは下記のようになり、さらに地域ごとの分布は下の画像です。

 これらは一例でしかなく、Stablecoinのプロジェクトの数は、まだまだ増え続けています。
さらに、これだけの数のプロエジェクトがありながらconbaseとCIRCLEは連携してUSDcoinの普及や、Geminiなど既存の取引所もStablecoinに大きな経営資源を投下しています。
日本国内でもGMOなどが円建てのStablecoinを検討中であると発表しています。

これらのStablecoinのプロジェクトに多くの資金が集まるのは何故か、その投資資金を回収をするビジネスモデルはどのようにデザインされているかを本レポートでは概観します。

さらにレポートの後半では、Stablecoinの周りで、今後できる可能性があるビジネスプレーヤーについても考えていきます。

目次
*Stablecoinにどのくらいの投資が行われているか
*Stablecoinのイシュアーはどのように利益を得るか(Tetherの場合)
*Tetherのビジネスモデルはいかに優れていたか
*Stablecoinのイシュアーはどのように利益を得るか(TrsutoToken社のtrueUSDの場合)
*クリプトバックの場合(MakerDAOの場合)
*今後、Stablecoinの周りで行われうるビジネス
*総論

(続きは、d10lab研究所サロンに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くと研究所サロンの過去の650本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。

FOR MORE DETAILS