取引所

米国最大の取引所Coinbaseの2019Q1の状況。2018年までの収益の推移、および2019年の売上予想。

d10n Labでは、レポート「米国最大の取引所Coinbaseの2019Q1の状況。2018年までの収益の推移、および2019年の売上予想。」を配信しました。

前提

2018年は一貫して暗号通貨市場は下落相場でした。
多くの業界のビジネスプレーヤーは、暗号通貨価格にレバレッジをかけて運営をしている構造になっていたり、そうでなかったとしても多くの顧客・ユーザーのトラクションを失いビジネスが失速し、苦しい状況に陥りました。
2017年-2018年の暗号通貨のブルマーケットで、Coinbase・Binance・ConsenSys・Bitmainの4社は目覚ましい利益をあげ、済まさじいスピードで会社の時価総額を上げました。
しかし、ベアマーケットの中、特にConsenSysとBitmainの2社はビジネスが失速、両社とも全従業員の半数にわたる大規模なリストラと経営体制の刷新がアナウンスされたのが2018年の後半です。
その中で、売上が減少しているとは言え大規模なリストラも行っておらず、継続して売上収益を上げているセクターは取引所です。
グローバルのボリュームでトップ10圏外の取引所の収益は決して優れていないですが、トップ10圏内を目安にした取引所各社の営業は、2018年も黒字の会社が多いだろうと筆者は推測しています。
その中でも、本レポートでは、米国のトップ取引所であるCoinbaseにフォーカスをして、彼らはどの程度の収益を上げているか、2018年の実績および2019年の収益予想を行います。

Coinbaseの2018年までの収益はどのように推移していたか。

Coinbaseは米国最大の取引所として、現在に至るまで、長い間その座を維持しています。
同社についてのレポートは下記で配信しています。

RELATED POST
米国最大の取引所coinbaseが業界に与える影響。UBERとAirbnb以降に最も成功したアメリカのスタートアップはどのような成長をしたか。研究所サロンでは、米国最大の取引所であるcoinbaseに関するレポートを配信しました。 coinbaseは、暗号通貨企業としてだ...
RELATED POST
シリコンバレーで最も影響力の大きい暗号通貨ファンドの投資スタイルと、影響力を強めるCoinbaseマフィア Andreessen Horowitz(a16z)が300億円規模の暗号通貨ファンドを設置 Andreessen Horowitz...

さて、その同社の直近数年の売上を見てみます。
Bloomberg(参照:https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-10-30/coinbase-to-bring-in-1-3-billion-in-2018-sales-documents-show )によると、同社の2017年の収益は$923M、利益$380Mでした。この利益率は41%です。
その前年は、営業赤字であり、黒字化した途端に400億円近い利益が出ていることは、この業界の企業の業績のボラティリティの大きさの異常性が伺えます。
Bloombergによると、2018年10月時点での同社の2018年の売上予想は$1.3billionでした。
恐らく拡大に伴い、利益率が向上していると仮定し35%の利益率を当てはめると、2018年の同社の利益は$450M程度、少なくともこの前後になるのではないかと思います。

Coinbaseのコアプロダクトである取引所のビジネスモデルはシンプルです。
収益はトレード手数料で、売上は出来高*手数料によって構成されます。
メイカーとテイカーで手数料に差をつけているとはいえ、基本的に最も重要な指標は取引ボリュームです。

2017年にCoinbaseは$71Billionの出来高から$923Mの収益を得ています。これが意味することは、出来高に対して1.3%が売上になっています。
2018年のCoinbaseの出来高は、$95Billionで、$1.3billionを売上予想値として出しています。同じく出来高に対して1.3%の売上という比率は変わっていません。

重要な点はこのあとです。
2018年に生み出した出来高の$95BIllionのうち、約$55Billionを最初を1−3月に生み出している点です。
その後のCoinbaseの出来高は減少しており、ひいては2018年後半の月次の売上も大幅に減少しているであろうことが推定できます。
つまるところ、Coinbaseは、2018年に$1.3billionの売上、$450M程度の利益を叩き出しているはずですが、その売上はほとんど最初の2・3ヶ月の売上で、その後下がり続けていると推測出来ます。

d10n Labで配信したレポート全文では、さらに詳しくCoinbaseの直近の状況の分析を行っています。

目次
*前提
*Coinbaseの2018年までの収益はどのように推移していたか
*Coinbase2019年の収益予想
*アメリカの業界構造が変化する可能性について
*直近のCoinbaseの戦略を考察する。
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。