COSMOS

COSMOS HUBがメインネットにローンチして3ヶ月の現状。COSMOS HUBやSDKを使用するプロジェクトの状況。2019Q2。

d10n Labでは、レポート「COSMOS HUBがメインネットにローンチして3ヶ月の現状。COSMOS HUBやSDKを使用するプロジェクトの状況。2019Q2。」を配信しました。

前提

ブロックチェーンのインターオペラビリティを実現を目論むことでローンチ前から高い期待が集まっていたCOSMOSが2019年3月にローンチをしました。
ローンチされたものは、COSMOS NETWORKにおける最初のHUBであるCOSMOS HUBです。
COSMOSについてのレポートは過去に下記を配信しています。

RELATED POST
異なるブロックチェーンを相互通信するCOSMOSの仕組みを理解する。cosmos networkは、異なるブロックチェーンを相互通信し、またアプリケーションごとに固有のブロックチェーンも作れるようにし、同...
RELATED POST
ブロックチェーンを相互接続するプロジェクトであるCOSMOSとPolkadotのそれぞれ違い。及びその考察。d10n Labでは、レポート「ブロックチェーンを相互接続するプロジェクトであるCOSMOSとPolkadotのそれぞれ違い。及びその考...

本レポートではCOSMOS HUBの稼働状況を外観します。

COSMOS HUBの稼働状況、バリデータの状況について

まずCOSMOS HUBの稼働状況についてです。
ローンチしてからCOSMOS HUBは大規模なネットワークの遅延などがなく正常に稼働しています。
現在100のノードがネットワークに参加しています。
7月現在でネットワークのATOMの70%以上がステークされています。

一番最低のノードでも37000ATOMがステーキングされており、日本円建てで時価3000万円程度になります。
とはいえ、順位が低いバリデータノードはその分手数料報酬も低く、80位前後以下のノードは赤字で運営されています。
(参照: https://medium.com/@hector_89360/cosmos-hub-validators-rich-list-9ed69274e5e )

目次
*前提
*COSMOS HUBの稼働状況、バリデータの状況について
*COSMOS SDKを採用したプロジェクト
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度d10n Labにご入会して頂くと過去の800本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。