暗号通貨マーケット

増加する暗号通貨の先物取引市場。先物取引を用いて低リスクで利益を得れる暗号通貨市場ならではのアービトラージ手法などの検討。

d10n Labでは、レポート「増加する暗号通貨の先物取引市場。先物取引を用いて低リスクで利益を得れる暗号通貨市場ならではのアービトラージ手法などの検討。」を配信しました。

前提

2019年後半に暗号通貨市場では、新しい様々な先物商品が投下される予定です。

これに関しては下記のレポートでも取り上げています。

RELATED POST
増加する暗号通貨の先物商品と大手証券ブローカーの参入。これから1-3年後の暗号通貨市場の構造変化を予想する。d10n Labでは、レポート「増加する暗号通貨の先物商品と大手証券ブローカーの参入。これから1-3年後の暗号通貨市場の構造変化を予想す...

本レポートでは、先物取引の増加に備えて、暗号通貨市場ならではの先物取引を用いてのアービトラージの手法などの検討を行います。
先物取引を利用して、暗号通貨市場特有の裁定機会が生まれる場面が恐らくあるはずであり、それらの手法について可能性を述べます。
なお本レポートは、一切の投資助言ではなく書き手はいかなる責任も負わないものとします。

増加するビットコインをはじめとした暗号通貨の先物取引

まず、2019年内にローンチをする予定の先物商品で主要なものを紹介します。
主には下記になるでしょう。
*Bakkt
*ErisX
*Binance
*Bitfinex
*CoinFLEX
*BaseFX

最も主要なものとしてBakkt、ErisXが挙げられます。
これらは米国の規制に基づき、運営される先物取引所です。
Bakktはニューヨーク証券取引所の親会社であるICEの新しい子会社で、翌日現物受け渡し先物を提供します。
ErisXはシカゴをベースにする暗号通貨取引所で、同じく現物裏付けの先物を提供します。
ErisXの母体であるEris Exchangeは、2010年に、proprietary trading firms、DRW、GETCO、Nico Holdings、Infinium、 CTC Holdingsの5つの金融機関によって設立された商品取引に強い取引所です。
これまで多くの先物取引は、精算日に基準価格との差額を決済していましたが、現物裏付けでは、期日日に現物が受け渡しされます。

また、現在、クリプト<>クリプトでトップの取引所であるBinanceも先物取引を開始する予定であることがアナウンスされています。
今後数ヶ月以内に提供を開始する予定で、レバレッジ20倍が予定されています。
提供ペアについて、執筆時点で明らかになっているものはUSDT<>BTCのみです。
(参照:https://www.theblockcrypto.com/tiny/binance-announces-futures-trading-platform-with-up-to-20x-leverage/ )

同じく取引所のBitfinexも先物を提供する予定で、レバレッジ100倍を予定しています。
Bitfinexの先物取引の手数料には、LEOトークンがディスカウントで用いられるはずであり、これについては下記のレポートで触れています。

RELATED POST
Bitfinexの運営会社iFinexが発行をする独自トークンLEOについて。トークンモデルの解説と考察。d10n Labでは、レポート「Bitfinexの運営会社iFinexが発行をする独自トークンLEOについて。トークンモデルの解説と考察...

CoinFLEXは、オフショアで運営をし、かつ取引所トークンも発行します。同取引所には、Polychain CapitalやDigital Currency Groupなどが投資します。
BaseFXについては、すでにローンチ済ですが、特殊な取引所ではあるので言及しておきます。BaseFXはBNB、HT、OKBなどの取引所トークンのレバレッジ取引が出来る現時点で唯一の取引所です。
これらを抑えた上で、次章から暗号通貨市場ならではの先物取引を用いてのアービトラージの手法などの検討、その可能性について考察を進めていきます。

レポート全文では使える場面は限られるものの、低いリスクでアービトラージが出来る先物の使用法を3つ紹介しました。

目次
*前提
*増加するビットコインをはじめとした暗号通貨の先物取引
*先物取引を用いての基本的なアービトラージ手法でローリスクに利益を得る方法
*先物取引を用いて低リスクで利益を得れる暗号通貨市場ならではの手法の可能性(権利の確定)
*先物取引を用いて低リスクで利益を得れる暗号通貨市場ならではの手法の可能性(PoS)
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度d10n Labにご入会して頂くと過去の800本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。