アメリカ

シリコンバレーの暗号通貨・ブロックチェーン事情、現地滞在レポート

現在は、サンフランシスコにいます。
主に現地の暗号通貨関連のプロジェクトとのミーティングをしています。

本レポートでは、ベイエリア一帯、シリコンバレー地域の現地事情と、および現地の暗号通貨業界について解説します。

シリコンバレーは、カリフォルニア州北部のサンフランシスコ・ベイエリアの南部に位置しているサンタクララバレーおよびその周辺地域の名称で、特定の一箇所を公的に指す地名ではなく、ある程度広い地域一帯の通称として使用されます。

今更説明の必要はないですが、テック企業の集積地帯です。

シリコンバレーの暗号通貨・ブロックチェーン企業

ブロックチェーンは中央集権的なシリコンバレー企業へのアンチテーゼのように語られる側面もありますが、ここシリコンバレーにも、暗号通貨プロジェクトは多く存在します。

最近立ちあがった以外も含めて、有名なものとして、CoinbaseKrakenRipple、0xHQ)、coinlistpurse.iotrusutokenearn.comcoinbaseに買収済み)、BreadYoursなどが挙げられます。

 

(coinbase社オフィス)

そもそも2013-2014年頃にかけての最初のビットコインブームが起きたのは、ベイエリアが発信源でした。

やはりテック業界のトレンドが半歩世界より早いことは確かですし、ブロックチェーンのミートアップなどに適用に顔を出しても、参加者のレベルリテラシーの平均値は高いように感じます。

(恐らく世界初のLightning Networkの決済ができるPalo Altoのカフェ)

また、本レポートと別に米国主要VCの暗号通貨プロジェクトへの投資状況を過去にレポートしています。

RELATED POST
米国の主要VCが投資をしている暗号通貨・ブロックチェーンプロジェクトのデータベース研究所サロンでは、indivさんに寄稿を頂き、アメリカのVCが投資をしている暗号通貨プロジェクトのデータベースを配信しました。 そ...

ベイエリアの高騰する生活費

サンフランシスコやその周辺の地域について、度々話題になることは現地の生活費の高さです。
このエリアでは、年収1000万円では暮らせないなど言われることもありますが、これは事実で、テック企業に勤める人以外の生活は総じて苦しい状況だろうと思います。
今回のサンフランシスコ滞在はおおよそ2年ぶりですが、街中は、来るたびにホームレスが増えていると感じます。
地価や物価が高騰をする反面、サンフランシスコ市内でも少し大通りから逸れるとホームレスのたまり場となり、ゲットーと化している場所も多くあります。
そういったストリートを女性や子供一人で夜に歩くべきではなく、アメリカにはどこの都市もそうですが、この国で安全はただではありません。

また、あるUBERのドライバーにどのくらい稼いでいるのかと聞くと、月に1万ドル(約110万円)程度だといいます。
ガソリン代などを差し引くことになると思いますが、日本円にして約1300万円程度の収入といえ、高騰しているサンフランシスコの生活を物語っています。

今年4月には、サンフランシスコ郊外のボロボロの火事で焼けた家が約1億円で売却されたニュースもあり、地価も高いと常に言われながらも、毎年のように高値更新をしています。

(Image: KTVU)

あるUBERのドライバーによると、通勤タイムは乗車運賃の価格は跳ね上がりますが、googleFacebookに勤めてる人はいくら高いとしても、会社が払うから、稼ぎ時だといいます。
しかし、会社が払ってくれるのは、一部の巨大テック企業の社員だけであり、一般の人はそんなことはありません。
オークションで値段が決定するUBERのシステムは、ベイエリアの状況を如実に表しているように思えます。

(フォードが自転車シェアリングを始めており、便利になってました。)

このような生活費の高さを享受できない人や、スタートアップも少なくなく、今年3月には、語学学習プラットフォームを運営するDuoliungoは、サンフランシスコの高速道路に、「生活費の高いシリコンバレーから抜け出してピッツバーグで一緒に働こう。」と広告を打ちました。

https://venturebeat.com/2018/03/23/duolingo-to-silicon-valley-workers-move-to-pittsburgh-where-you-can-actually-afford-a-home/


エンジニアにとって年収2000万円で貯金もできないサンフランシスコエリアと比較をし、年収は1000万円ちょっとに下がるかもしれないけど、生活費を除いた可処分所得が上がる可能性はあります。

このような事例もあり、現地のgoogle社員によると、シリコンバレーから、オースティンや、ロサンゼルス、デンバーなどへ人が抜け出しているともいいます。

今回は、ロサンゼルスにも滞在しているので、研究所サロンでは合わせてレポートを配信しています。

シリコンバレーエリアの暗号通貨事情は下記でレポートを配信しています。

目次

■シリコンバレーレポート/現地暗号通貨事情
■ベイエリアの高騰する生活費
■シリコンバレーのビジョンのスケールダウン
■シリコンバレーの暗号通貨事情
■続々と立ち上がる暗号通貨専門ファンド
■シリコンバレーエリアでのICO事情
■ICOに関する現在の状況
■プライベートセールは活発化

(続きは、研究所サロンに入会してお読みください。)

一度研究所に、ご入会して頂くと研究所サロンの過去の500本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なコミュニティオンラインサロンです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。

FOR MORE DETAILS