VC・ファンド

Multicoin Capitalの「Crypto Mega Theses」を読む。パブリックブロックチェーンが価値を生み出す3つの領域。

d10n Labでは、レポート「Multicoin Capitalの「Crypto Mega Theses」を読む。パブリックブロックチェーンが価値を生み出す3つの領域。」を配信しました。

前提

本レポートでは、Multicoin Capitalの「Crypto Mega Theses」( https://multicoin.capital/2019/04/24/multicoin-investment-thesis/ )を読みます。
同エッセイは、パブリックブロックチェーンが生み出す価値をうまく分類し、説明しています。

Multicoin Capitalは、テキサス・オースティン拠点に2017年10月に運用を開始したa16zやUnion Square Venturesなども出資するファンドです。
Kyle Samani、Tushar Jainがマネージングパートナーを務めます。
Multicoin Capitalは、プロジェクトの初期に投資をして長期間ホールドをするVC的な投資と、売買をするヘッジファンド的なトレードも両方行うファンドです。
同ファンドの規模は1号ファンドが$100M、2号ファンドが$250Mです
d10n Labでも、同ファンドに関連するレポートは、過去にも配信しています。

RELATED POST
暗号通貨・ブロックチェーンに特化して投資をする主要ファンドの投資先データベース②研究所サロンでは、indivさんに寄稿を頂き、暗号通貨・ブロックチェーン領域に特化して投資をしているファンドが、どのようなプロジェクトに...
RELATED POST
著名クリプトファンドのMulticoin Capitalの2018年の年間報告書を読むMulticoin Capitalの2018年の年間報告書 Multicoin Capitalは、テキサス・オースティン拠点に2017...

「Crypto Mega Theses」は同ファンドが、今後長期に渡り、ブロックチェーン領域で重要なトピックを3つに定義し、それに沿って投資を実行するマニフェスト的内容になっています。
Multicoin Capitalは、この理論が今後10年、または10年以上に渡り重要なものになるだろうと述べています。
内容自体は、d10n Lab読者であれば、既知の事項も多いはずですが、よく整理されており、読むに値する内容です。
d10n Labで配信したレポート全文では、要約に加えて、最後に考察を付け加えます。

目次
*前提
*Crypto Mega Theses:イントロダクション
*Theses(1) Open Finance
*Theses(2) Web3
*Theses(3)Global, state-free money
*考察と総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。