暗号通貨マーケット

暗号通貨のコミュニティにおける草の根運動。投機だけの対象物からの脱却は草の根運動からしか始まらないということ。

数ヶ月前から「暗号通貨のコミュニティ」についてポストをしてきました。
もし、上記ポストをまだ読まれていない方は、もしかしたら本投稿より先にこちらを読まれたほうがいいかもしれません。

あわせて読みたい
オープンソースの暗号通貨における、コミュニティや議論、あるべき姿を考える。最近よく考えることですが、フェアなローンチがされ、ポテンシャルのある暗号通貨を、ユーザーが、実際に使用用途があるコインにしていくのが、オ...
あわせて読みたい
暗号通貨は使われることによって価値が上がるということと、使われない暗号通貨は超長期的には滅びるということについてここ最近、ビットコインの価格は毎月のように高値を更新しています。 そこで時々、ジョークのような形で散見するコメントは、昔ビットコイ...

最近は認識が広まり、「コミュニティがある暗号通貨が有望かも知れない」というアルトコイン投資家が増えているような気もします。

と同時に、「暗号通貨のコミュニティ」という解釈も人によって異なるのではないかと思うことも増えています。
というのも一部では、価格を煽る人たちだけで構成される集合体や、コミュニティという言葉を借りた煽りもあったりなかったりするので、それは違うと思うということです。

ここでは僕の解釈で、暗号通貨のコミュニティに触れたいと思います。

暗号通貨のコミュニティとは、つまるところ、その通貨のユースケースを作る人たちと実際にユースケースを使う人たちの集まりだと思います。
ひとつの暗号通貨がマスに拡大をし、現実世界で長期的に価値を持つものになるには、ビジネスレイヤーやスペキュレーター(投機家)が参入する前に、草の根運動家が必要だということです。
勘違いされないように先に書いておきますが、これは投機家を批判しているわけではなく、投機家は流動性を与えるために必要な存在です。
ですが、ずっと投機家しかいない暗号通貨に未来がないことも事実です。

草の根運動の事例を紹介します。
自分の知人の某ビットコインキャッシュ草の根の運動家は日本だけで20店舗近くの飲食店などを口説いてビットコインキャッシュの決済対応をしてもらい、自身もビットコインキャッシュを積極的に使っていて、これは良い運動だとは思います。
仮に、こんな人が500人いて1人1店舗でも、お店を口説いてビットコインキャッシュを採用してもらったら500店舗なわけでその後のバイラルは決して小さくはない筈です。

草の根運動で個人店舗が500店舗採用まで到達したら何?という人もいるかも知れないけど、それは大事なことです。
それくらいまで成長したらサードパーティーのペイメントプロセサの参入もふえて、さらにバイラルが見込めます。
初期のビットコインもこういった流れで成長した側面はあります。

たまたまビットコインキャッシュでこういった事例を紹介しましたが、いくつかの他の暗号通貨にも似たような草の根活動家は存在しますし、実際にそういった人が複数存在する暗号通貨は強いと思います。

僕自身は特定の暗号通貨コミュニティに関わっているものを強いてあげるとすれば、今はByteballです。
東京にあるベルギービールバーのサンタルヌー @StArnouldnagoya の店主にうざがられながらも説得してByteball決済対応してもらったことは既に懐かしいです。

また、自分で運営するオンラインサロンの参加費としてもByteballは採用しています。
ちなみに、実は運営中のサロンでは暗号通貨払い5つのコインに対応していますが、一番利用者が多いのがByteballです。
その次はモナコインです。
Byteballが多い理由は20%のキャッシュバックプログラムがあるからですが、実際に決済で使われることを促しているので、このディストリビューションはそれなりにワークしていると思います。

このように僕は、暗号通貨のコミュニティとは、その通貨のユースケースを作る人たちと実際にユースケースを使う人たちの集まりだと認識しています。
それはとても地道な草の根運動以外からは始まりませんし、それをしない限りは暗号通貨は投機だけの対象物と言われ続け、またその批判も出来ないでしょう。


今、僕たちは、仕事や働き方はもちろん、国家や、お金の在り方まで変わりつつある大変面白い時代を生きています。 そういった現代を、より有利に生き抜くために、Facebookの非公開グループで会員制コミュニティ「世界で生きる実践・研究所」を運営しています。新しい時代の、ビジネス・投資・生活・旅全般をハックしていきます。ぜひ、お気軽にご参加ください。詳細はこちら