暗号通貨ビジネス

現実資産がブロックチェーン上に乗り、強制執行が可能なプログラマブルな世界になると、産業はどのように変わるか?自動車メーカー・ダイムラーの事例

d10n Labでは、レポート「Programable Moneyが浸透すると世の中はどうなるか?2030年の世界をイメージしたフィクション。」を配信しました。

前提

以前に、資産がブロックチェーン上でプログラマブルになるとはどういったことか、そしてそれが起こると生活はどのようになるかを下記のレポートで論じました。

RELATED POST
ブロックチェーン・Programable Moneyが浸透すると世の中はどうなるか?2030年の世界をイメージしたフィクションd10n Labでは、レポート「Programable Moneyが浸透すると世の中はどうなるか?2030年の世界をイメージしたフィクシ...

では、実際にそういった世界を予見する、またはそういった世界に可能性を感じる企業は今どのような取り組みを行っているのでしょうか?
ダイムラーが取り組む実証実験は、その良い事例であり、本レポートではこれを取り上げます。
ダイムラーは、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手です。
同社の乗用車はメルセデス・ベンツ、スマート、フレイトライナー、その他のブランドで販売されており、日本の三菱ふそうトラック・バスはダイムラーの傘下企業です。

目次
*前提
*車両にIDとウォレットを保持させ、決済の自動執行をする
*Commerzbankによるデジタルキャッシュ
*総論・ダイムラーが描く世界には存在していて、我々の現行世界に存在しないもの
*参照リンク

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度d10n Labにご入会して頂くと過去の800本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。