Ethereum

DAppsの活況はEtherなどネイティブトークンの価格にどう影響するか

d10n Labでは、レポート「DAppsの活況はEtherなどネイティブトークンの価格にどう影響するか」を配信しました。

前提

本レポートでは代表的なスマートコントラクトプラットフォームにおけるDAppsの利用状況について外観します。DAppsの利用状況を確認する背後には「スマートコントラクトチェーンのユーティリティを発生させるのはDAppsであり、ユーティリティの豊富さがネイティブトークンの価値の裏付けになる」という仮説があります。故にここでは各DApp自体は深堀りしません。

このような見方の背景として、無からコインを生み出すプレマインを前提とするPoSがより多くのスマートコントラクトチェーンに採用され、PoWでの価値や共同幻想の裏付けが難しくなったという事実があります。

Etherも含めたスマートコントラクトチェーンのネイティブトークンの需要を喚起するのは主にDAppsであり、逆にアプリケーションレイヤーに、チェーンへのロイヤリティの高い有望なアプリケーションがあれば、他のチェーンとの差別化に繋がる防御性を与えます。

目次
*前提
*6つの代表的なスマートコントラクトプラットフォーム上でのDApps利用
*トークン価値を正当化するのはSoVかユーティリティか
*DAppsの発展がEther等のネイティブトークンに与える影響
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。