社会考察・未来予想

中央銀行がデジタル通貨を発行することについての議論。デジタル通貨は何をディスラプトするか?

d10n Labでは、レポート「中央銀行がデジタル通貨を発行することについての議論。デジタル通貨は何をディスラプトするか?」を配信しました。

前提

本レポートでは、中央銀行がブロックチェーン、またはDLTベースのデジタル通貨を発行することに対する考察を行います。
本レポートを執筆時点で、中国人民銀行がデジタル通貨を開発していたことを明かし、中央銀行によるデジタル通貨の是非が話題になっています。
中央銀行によるデジタル通貨の発行はイギリスやシンガポールなど複数の国の中央銀行やFSAが研究してきた分野ですが、最も早く実用化をする可能性がある国が中国です。
今回のレポートでは、中央銀行のデジタル通貨は実際にどのような効率化が考えられるのか?、またその懸念点などについて網羅します。

目次
*前提
*中国人民銀行によるデジタル通貨の発行の報道
*中央銀行がデジタル通貨を発行することでなにが効率化されるのか?
*監視政府にとってデジタル通貨は都合が良い
*CircleのCEOをはじめとしたアメリカのプレーヤーの反応
*中央銀行発行通貨それ自体が、デジタルカレンシーになイギリス中央銀行元総裁によるLibraへの視線
*イギリスの中央銀行元総裁によるデジタル通貨の可能性
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。