エンタープライズブロックチェーン

多くの企業が将来はパブリックブロックチェーンを使用すると考えるEYの論考

d10n Labでは、レポート「多くの企業が将来はパブリックブロックチェーンを使用すると考えるEYの論考 」を配信しました。

前提

企業がブロックチェーンを利用する際に、その多くのケースではコンソーシアムブロックチェーン・プライベートブロックチェーンを利用しています。パブリックブロックチェーンを利用する事例はないわけではないですが、相対的に事例数は少ないです。企業によるパブリックブロックチェーンの利用の一例としては以下のようなレポートを下記に配信しています。

RELATED POST
サンタンデール銀行によるEthereumのパブリックブロックチェーン上で発行された債券トークンの事例の概観。d10n Labでは、レポート「サンタンデール銀行によるEthereumのパブリックブロックチェーン上で発行された債券トークンの事例の概...
RELATED POST
企業によるパブリックブロックチェーンの利用、またはコンソーシアムチェーンと互換をすることに向けた業界動向d10n Labでは、レポート「企業によるパブリックブロックチェーンの利用、またはコンソーシアムチェーンと互換をすることに向けた業界動向...

会計・ITコンサルティングファームであるEYもパブリックブロックチェーン上でブロックチェーンのアプリケーションを開発する企業の一つです。

RELATED POST
EYが取り組むブロックチェーン領域。エンタープライズ向けの業務効率化としてのブロックチェーンについて。d10n Labでは、レポート「EYが取り組むブロックチェーン領域。エンタープライズ向けの業務効率化としてのブロックチェーンについて。 ...

EYは、多くの企業が将来パブリックブロックチェーンを使用すると考えており、それはどういった理由からであるかを本レポートで概観します。

目次
*前提
*75%の企業が将来的にパブリックブロックチェーンを使用することに意欲を示す
*多くの企業が将来パブリックブロックチェーンを使用すると考えるEYの論考
*EYがパブリックブロックチェーンで商用アプリケーションを作るために取り組む秘匿化技術
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。