DeFi

ERC721をブロックチェーン上の金融のコンプライアンスや信用スコアリングに応用する取り組みについて

前提・分散型金融でのコンプライアンスと信用スコアリングの重要性

MakerDAOや0x、CompoundなどでEthereum上のアセットの交換・貸借などの金融取引を行うDeFiがムーブメントになっていることは、すでに過去のレポートで複数取り上げています。

RELATED POST
今の時点で見えるDeFi(分散型金融)の実態と、将来予想d10n Labでは、「今の時点で見えるDeFi(分散型金融)の実態と、将来予想」のレポートを配信しました。 前提 DeFiという言...

現在のEthereumの分散型金融のほとんど全てのプロジェクトは、スマートコントラクトに担保資産を預け入れして、別のアセットを借入し、担保資産の価値が毀損した場合は、スマートコントラクトによって担保資産を没収できるということが、コアな機能になっています。

しかし、現在の分散型金融には、従来金融で使われている重要な要素が欠けており、与信調査という機能がありません。
現在の分散型金融では、担保資産がある人しか借入が行えず、従来の金融に比べて機能が限定されます。
分散型金融がより拡大するため、または、より従来金融に近い機能も獲得をするには、与信調査という機能が必要であり、クレジットスコアリングをしたうえで担保資産がない人にも、リスクに応じた金利を提示し、貸出を行える必要があります。

基本的に多くのプロジェクトにほとんど共通する思想は、信用スコアリングという要素は、1社が信用を評価するのではなく、分散的・P2P で信用スコアリングが実現できればそれが望ましいという考え方が前提にあります。

加えて、コンプライアンス・KYCの観点においては、DEXにも、KYCとコンプライアンスの機能は確実に必要になることです。
ユーザーの資産は預託していなく、スマートコントラクトをデプロイしているだけであるといくら主張したところで、KYCが出来ていないアドレスでマネーロンダリング取引が行われたときに、対処できないようでは金融機能として今以上に大きく拡大することはありません。

分散型金融でも、スコアリングとコンプライアンスの機能は必要不可欠であることから、今後開発が進展することは間違いなく、多くのプロジェクトが立ち上がっています。

具体的なプロジェクトとしては、Bloom、Colendi、SpringLabなどがあります。
また、コンプライアンス・信用スコアリングが関わる領域であれば、IDなども含まれる可能性があり、Ethereum上のIDの規格として、ERC-725が既に実装されているなどします。

重要な点としては、分散型金融が拡大する上で、分散型信用スコアリングは、確実に必要不可欠な機能であると断言できるということです。

ERC721によるアイデンティティ、コンプライアンス、与信管理

ブロックチェーン上のコンプライアンス・分散型信用スコアリングは、まだどのように実現をするか予測が難しい分野で、プロジェクトを全て概観することは難しいですが、本レポートでは、比較的すでに実用テストが進んでいるERC721によるアプローチを概観します。

ERC721は、ユニークなメタデータを記述できるトークン規格で、 non fungible tokenと呼ばれ、最も使われている分野は、ゲームアイテムなどのトークン化です。
少し古いレポートなりますが、ERC721についての解説は過去にこちらのレポートを出しています。

RELATED POST
EthereumのNon Fungible Tokenが切り開く未来、将来の応用のされ方について。Ethereum上のゲームを活発にさせたきっかけであるERC721 Ethereumのトークン規格のひとつであるERC721は、それを...

このERC721のトークンのメタデータの書き換えにコンプライアンス情報や与信情報を付与し、応用をする取り組みがいくつかあり、解説をします。

目次
*前提・分散型信用スコアリングの必要性
*ERC721によるアイデンティティ、与信管理
*ERC721のコンプライアンストークンの事例
*ERC721での信用スコアリングの事例
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度d10n Labに、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。