取引所

暗号通貨取引所が将来飲み込むビジネス。取引所はオープンファイナンス領域はどのように侵食するか。

d10n Labでは、レポート「暗号通貨取引所が将来飲み込むビジネス。取引所はオープンファイナンス領域はどのように侵食するか。」を配信しました。

前提

本レポートは、取引所が将来飲み込むビジネス領域を考察します。
Binanceをはじめとした取引所が、DEXやレンディング、ステーキング、IEOなど単純な取引以外の機能の提供を始めて久しいです。
そういった取引所はビジネスをどこまで拡大し、どこに向かうのかについて考えます。
本レポートは、海外著名ファンドMulticoin CapitalのブログであるExchanges Are Open Finance(参照: https://multicoin.capital/2019/10/29/exchanges-are-open-finance/ )を要約、考察をする形で展開します。
なお、本レポートで考察の対象とする取引所は、 Binance、Bitfinex、BitMEX、CoinFLEX、Deribit、FTX、KuCoin、Huobi、OKEx などの取引所であり、日米をはじめとした地域の規制監督下にある取引所CoinbaseやBitflyerなどは想定としていません。

目次
*前提
*これまで取引所が展開した周辺ビジネス
*将来、取引所によるオープンファイナンス領域はどのように侵食するか
*Exchanges Are Open Financeに対する筆者考察
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。