未分類

スマートコントラクトプラットフォームの競争においてEthereumの競争優位性が失われる時が来るとすればそのきっかけは何か?

d10n Labでは、レポート「スマートコントラクトプラットフォームの競争においてEthereumの競争優位性が失われる時が来るとすればそのきっかけは何か?」を配信しました。

前提

本レポートでは、スマートコントラクトプラットフォームの競争でEthereumの優位性が失われるときはどのようなときか?というテーマについて筆者の論考を述べます。
以前に下記のレポートでは、スマートコントラクトプラットフォームの現状を俯瞰して、最も主流とされるEthereumも完璧ではなく、他のスマートコントラクトブロックチェーンプラットフォームも決定的なものはなく、独自ブロックチェーンも簡単な選択肢ではないということを説明しました。

RELATED POST
俯瞰して見るEthereumとその他のブロックチェーンの競争。PoSの移行、Ethereum2.0の難しさ。d10n Labでは、レポート「俯瞰して見るEthereumとその他のブロックチェーンの競争。PoSの移行、Ethereum2.0の難し...

そういった状況のなかでも既存のプラットフォームの中では、スケーラビリティ問題を抱えつつも、開発者ツールの充実や様々なミドルウェアプロトコルが既に存在するEthereumが現状最も支持されているスマートコントラクトブロックチェーンです。
そのうえで本レポートでは、「もしもEthereumの優位性が失われるなら」という仮定で、それは何をきっかけに起きるかについて考察をします。

目次
*前提
*現在のスマートコントラクトプラットフォームの競争環境と1960年代におけるコンピュータメーカー市場の状況は似ている。
*スマートコントラクトプラットフォームの競争においてEthereumの競争優位性が失われる時が来るとすればそのきっかけは何か?
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。