暗号通貨マーケット

Bitcoin市場はこの2年でどの程度効率的になっているか。

d10n Labでは、レポート「Bitcoin市場はこの2年でどの程度効率的になっているか。Bitwiseレポート要約。」を配信しました。

Bitcoin ETFを準備するBitwiseがSECにプレゼンテーションを行う。

BitwiseはBitcoinのETFをSEC(アメリカ証券取引委員会)に申請している金融機関の一つです。
このBitwiseが、SEC向けにBitcoin ETFを認可すべき理由を説明するためプレゼンテーションが9月17日に行われました。

誰もが取引できるBitcoin ETFが、金融商品として登場することは、暗号通貨のアセットクラスとしての地位を高め、価格にもポジティブな影響をもたらすことを長年期待されています。
しかし、SECがこれまで数年という長い期間に渡り、Bitcoin ETFを認可してこなかった主要な理由は、価格操作を出来る可能性が高いことや市場効率性が乏しいというものからです。
今回のBitwiseのプレゼンテーションの主な主張は、「市場は効率的になってきている。」というものです。
もちろんBitwise自体はETFを組成する業者であるので、このような主張をすることは当たり前であるとも言えますが、同社はBitcoin市場が効率的になりつつある理由を様々なファクトで示しており、投資家を含むユーザーも確認するに値します。
同プレゼンテーションのスライドは公開されており、本レポートで紹介します。(参照: https://www.sec.gov/comments/sr-nysearca-2019-01/srnysearca201901-6135582-192240.pdf )

 

目次
*Bitcoin ETFを準備するBitwiseがSECにプレゼンテーションを行う。
*Bitcoin市場は効率的になりつつある
*カストディの増加
*CMEによる規制された先物取引は取引ボリュームが増加
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

 

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。