アルトコインの投機や短期トレードをするときに、何よりも大切な「期待値」という考え方

現在のアルトコイン市場

「ビットコインという革命的なプロトコルが提供した最大のキラーアプリは、今のところアルトコイントレードという巨大なカジノ市場」というようなことは誰かが言っていた気がしますが、これは今の現状を見るに誰にも否定は出来ません。

僕自身も、技術的優位性を持っていたり、その他いくつかの面でポテンシャルが高いと判断したコインは長期でホールドしていますが、ポートフォリオの一部で短期のトレードもしているので、それは非常によくわかります。

また、この暗号通貨市場では、基本的に金融リテラシーや投資家としてのリテラシーが、他の市場と比べて非常に低いとは言わざるを得なく、特定のコインを、「インフルエンサーの◯◯さんがお勧めしてたから買った」「公式のホームページやファウンダーはトランザクションが早い!、◯◯と提携、匿名性が優れていると言ってたから投資する!」というような投資(投機)判断をしている人も少なくないと思います。

そういった諸氏は、

  • インフルエンサーはなぜお勧めするのか?
  • 公式のホームページが語るコインの性能はほんとにその通りなのか?それが未来の技術なら実現性はあるのか検証するべきではないのか?


こういった考えを全くしていない人も中にはいると思うので、是非これからはそんな思考回路を持てるようになると良いでしょう。
また、こういったことを常に考えれない人は、この市場は向いていないとはっきり書いておきます。

誰がなんのために煽って、誰が得をして、最後に誰が損をするかをよく考えましょう。

期待値という概念を投資に取り入れる

最低限こういったことは頭においたうえでですが、投機的な暗号通貨投資、とりわけ低位なアルトコインのトレードをすることにおいて、もっとも大切なことは期待値の算定をすることです。
投機だけではなく全ての投資で期待値という考え方は大事ですが、アルトコイントレードにおいては特に大事です。
というのもアルトコイン、特に低位なアルトコインで草コインと呼ばれるものには、ほとんどの場合ファンダメンタルズが価格に作用することは稀だったりするなどの背景があります。
会社の株を買うときは、例えば「社長のビジョンや人的魅力があるから投資をする」というある種、感情的な投資判断をしても、人によって、社長を見る目が良かったり、市場選定が優れていて長期投資が成功する可能性があります。

しかし暗号通貨の売買、特に短期トレードでそういった意思決定だけで投機をして勝率が高いというケースは稀だと思います。

先述したように、僕も、ポートフォリオの一部で短期でトレード(主に数週間ー1ヶ月程度でポジションを持つことが多いです)をすることは、しばしばありますが、それらの判断は全て期待値という考え方を用いています。

もし期待値という考え方を知らないならば、暗号通貨の投機や短期トレードはするべきではないとまで断言しても良いと個人的には思っています。
研究所サロンでは『投機や短期トレードをするときに、何よりも大切な「期待値」という考え方』というレポートを配信しました。

期待値だけちゃんと考えれれば、お金を失うリスクも大きく下げられると思いますし、大切な考え方なので、これをよくしらない人は是非勉強してほしいです。

目次

  • 期待値という考え方について学ぶ
  • 期待値を知っている人と知らない人で、ギャンブルゲームをしたときに起こること
  • 実際の投資や投機をする際に、期待値という考え方を組み入れよう
  • 低位アルトコイントレードと期待値
  • 今、アルトコイン市場で投機家として最も合理的な考え方は?


(続きは入会してお読み下さい)

関連記事

VISAは何故、暗号通貨デビットカードのイシュアーであるWavecrestを打ち...

サトシ・ナカモトが、ビットコインコミュニティに存在していた頃の記録と、その解釈に...

暗号通貨とビットコインは国際社会で規制されるのか?今後2-5年で起こることを予想...

度重なる暗号通貨取引所のハッキング、運営者・登記地が不明の取引所の危うさや、マネ...

仮想通貨という言葉の不都合な真実。日本銀行券も仮想通貨だよ。

ビットコイン初心者の女性の言っていたことが、クリティカルだった話