暗号通貨マーケット

暗号通貨/トークンのディストリビューション方式ごとの投資リターンの比較

d10n Labでは、レポート「:暗号通貨/トークンのディストリビューション方式ごとの投資リターンの比較」を配信しました。

前提

暗号通貨のディストリビューションとは、様々な種類があり、ビットコインのようなフェアローンチ、パブリックセール、プライベートセール、エアドロップなどいくつかの方法があり、これらを組み合わせてトークンを配る行為が実行されます。
これらからどういった選択をするかは、どういった層にトークンを保有してもらいたいかや、開発にどのくらいの資金が必要であるか、それとも公共性に重きを置くため資金調達は一切しないなど、プロジェクトの性質によって異なります。
このディストリビューション方式の設計はプロジェクト運営者の観点からも難しく、以前に下記のレポートでも解説しています。

RELATED POST
ブロックチェーンプロジェクトにおけるトークンアロケーション方式についての考察。オープンソースのブロックチェーンプロジェクトの資本政策の考え方。d10n Labでは、「ブロックチェーンプロジェクトにおけるトークンアロケーション方式についての考察。オープンソースのブロックチェーンプ...

現在でも様々な新しいディストリビューション方式が考案されています。
これは下記のレポートで解説をしています。

RELATED POST
新しいエアドロップ・新規ブロックチェーンのトークンのディストリビューション手法の考察。 Lock Drop /  WorkLock / Liquid airdropsd10n Labでは、レポート「新しいエアドロップ・新規ブロックチェーンのトークンのディストリビューション手法の考察。 Lock Dro...

本レポートでは、投資家やトレーダーの目線で、このトークンのディストリビューション方式によって、投資リターンに違いはあるのかを考察します。

目次
*前提
*暗号通貨/トークンのディストリビューション方式ごとの投資リターンの比較
*プライベートセールのロックアップ期間について
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。