ガジェット

ミニマリストは、絶対にチェックするべきアイテム。Kckstarterのプロジェクト「VAGO」に参加しました。

先日、Twitterのタイムラインで発見した、KckstarterのVAGOというプロジェクトに参加しました。

 

台湾のスタートアップが、作っている洋服圧縮袋です。これは、個人的に今年のクラウドファウンディングで、欲しいアイテム暫定1位です。

家を持たず、スーツケースに全てを詰め込んで、移動する生活をしていますので、このガジェットは、かなり魅力的で、迷わず参加しました。
日常のものを、どれだけコンパクトにするかに、かなりお金と頭を使っていますが、結局、かさばるのは、服なんですよね。

専用のバキュームで、完全真空にして洋服を、普通に畳んで収納するより、50パーセントほど、コンパクトにするそうです。

 

 

スクリーンショット 2016-05-19 17.03.28

シンプルなボディ

 

スクリーンショット 2016-05-19 16.56.51

バキュームの給電は、MicroUSBケーブル

 

 

スクリーンショット 2016-05-19 16.57.55

洋服を50パーセント圧縮して、空いたスペースに全てお菓子を入れるというのが笑えます。
そして、そのお菓子は、全て日本のメーカーのお菓子というところも、台湾らしい。

 

スクリーンショット 2016-05-19 16.56.20

動画を見る限り、かなり収縮してます。

自分の分だけ、オーダーしても良かったのですが、自分の周りでも欲しい人いそうだから、少し声をかけて、まとめて購入しました。
因みに、運営中のオンラインサロンにも、海外組が多いので、こちらでも声がけしたら、結局、合わせて、10個ちょっとオーダーすることになりました。
まとめてプレッジすると、少し安いですしね。

因みに、オンラインサロンのメンバーから、いちいち銀行振り込みで、お金回収するのは面倒なので、ビットコインで集金しました。

クラウドファウンディングのプロジェクトを、オンラインサロンのグループで応援して、料金は、ビットコインで回収って、中々21世紀的。

最近、Kickstarterでファウンディングしたものの、頓挫するプロジェクトも多いのですが、このVAGOに関しては、プロトタイプも一年以上前から作っているとのことで、動画も出しているし、大丈夫かなと判断しました。
作っているスタートアップのCreation Cell COも、アメリカのメディアなどで、結構、露出しているので、簡単に頓挫する確立は少なそうと判断しました。

ちなみに、少し前に、洋服系のプロジェクトで、Dolfiというモバイル洗濯機がファウンディングしていたのですが、実際に洋服を洗っているデモ動画がなかったので、怪しいなと傍目に見ていたら、やはりプロジェクトは、失敗したみたいですね。

Dolfi1
というより、最近のIndiegogoは、明らかに夢物語のようなプロジェクトがファウンディングしていて、モラルハザードな気も。。

まあ、頓挫するときは、しょうがないので、それも含めて、楽しむのがクラウドファウンディングということで、お金を入れてください。
Kickstarter上で、VAGOは、あと7日間くらい走っていますので、気になった方は、是非。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なコミュニティオンラインサロンです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。

FOR MORE DETAILS