Ethereum

Ethereum上のミキシングプロジェクトのHopperの解説。ゼロ知識証明を利用した一般ユーザーのためのプライバシー技術。

d10n Labでは、レポート「Ethereum上のミキシングであるHopperの解説。ゼロ知識証明を利用した一般ユーザーのためのプライバシー技術。」を配信しました。

前提

本レポートでは、Ethereum上のミキシングアプリケーションであり、スマートコントラクトとゼロ知識証明を応用して開発されているHopperの解説します。

github:https://github.com/argentlabs/hopper

多くの人が知る通り、パブリックブロックチェーン上のトランザクションは全て公開されており、これは一般利用においてもプライバシーを損ねています。
これは多くのブロックチェーンが抱える課題ですが、この点においてEtheruemはBitcoinよりプライバシーの課題が、主に2つの理由で深刻であると言えます。

まず1つは、アカウントベースのブロックチェーンであることです。Bitcoinの場合は、UTXOベースでまだ使用していないBitcoinと公開鍵のセットがブロックチェーン上に記録されます。
この場合、簡単に階層的に公開鍵を生成できるHDウォレットで、取引履歴のないアドレスが実質的無限に生成できます。
これは筆者が、ある取引相手からBitcoinを受け取りたいという時に、単一の秘密鍵から階層的に公開鍵を生成することで、取引相手から資産額やこれまでのトランザクション履歴を見せなくてよくなります。
つまり、日常使用における最低限度のプライバシーを確保できます。

これに対して、Etheruemの場合は、アカウントベースのブロックチェーンであり、各ユーザーが単一のアカウントを所有し、そのアカウントが保持するStateがブロックチェーン上に常に記録されます。
この場合、受け取りの公開アドレスからは、保有資産や支払い履歴が全て取引のカウンターパーティーの開示されてしまいます。
つまり現状のままではStablecoinを少し使うだけでも、多くのユーザーが求めているプライバシーはEthereumには確保されていません。

2つ目にEtheruemのプライバシー課題で大きい点として、Bitcoinと比較にならないほどにアプリケーションが活発なことです。
EthereumではDeFiに総称される金融系のアプリケーションが活発で、様々なアセットが発行されています。
ちょっとした取引を友人とするだけでも、その友人と友人個人のアドレス情報が紐付いた瞬間に過去のトランザクション履歴やトークンを含む保有資産が明らかになってしまいます。

この点でEtheruemでは、一般ユーザーのためのプライバシーを保護する技術が整備されているとは言い難く、それはBitcoin以上に深刻です。
今回解説するHopperは、一般ユーザーのためのプライバシー技術であると言えます。
Hopperは、コントラクトウォレットのプロバイダであるArgentが開発をするミキシングサービスであり、Ethereum上でコンシュマーサービスを提供する企業が一般ユーザーをターゲットにしたプライバシーサービスとしては、初めての事例ではないかと思います。
Argentについては下記のレポートで解説しています。

RELATED POST
Ethereumのコントラクトウォレットの解説。これから大きく変わるウォレットの仕組みとユーザー体験について。d10n Labでは、レポート「Ethereumのコントラクトウォレットの解説。これから大きく変わるウォレットの仕組みとユーザー体験につ...

本レポートでは、Hopperの仕組みや概要について解説します。

目次
*前提
*ミキシング技術とは何か
*Hopperの仕組み
*Hopperやその他のミキシングサービス使用の注意点
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の800本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。