Dapps

DAOを構築する Moloch DAO。クラウドファウンディング的なDAOプロトコルの概要・仕組み

前提

Moloch DAOという新しいDAOのフレームワークが、2019年3月にEthereumのメインネットでデプロイされました。
ブロックチェーン業界で長く議論されている自立分散組織を実現するためのスマートコントラクトです。
DAOの仕組みは他にも複数これまで提案されており、その中でも最も有名なものの1つであるAragonは下記のレポートで紹介しています。

RELATED POST
DAO(分散自律組織) を構築するフレームワークであるAragonの概要・仕組み・課題などd10n Labでは、「DAO(分散自律組織) を構築するフレームワークであるAragonの概要・仕組み・課題など」のレポートを配信しま...

Moloch DAOという仕組みが考案された経緯は、Ethereum2.0の進捗が遅れており、かつEthereum2.0を開発するチームはマネタイズが出来ないため、不特定多数から寄付金を集め、その寄付金をプログラマブルなガバナンスを伴ったうえで管理できれば良い、という事情で提案されました。
Moloch(モレク)という名前は、古代の中東で崇拝された神の名で、生贄などの犠牲を要求するが、全体の利益守り、厄災を退ける神をして知られています。
つまり、Moloch DAOはそういった用途のDAOを意識しているものです。
Ethereum2.0などオープンソースのブロックチェーンのプロトコルやクライアントは、Ethereumをスケールをするため絶対に必要ですが、クライアントを実装しても利益は得られず、開発者の給与をどういった形で解決するかという問題があります。
Molochという名前は、まさにそういったコミュニティのために必要であるものの、誰かの犠牲や貢献が必要である、というプロジェクトに当てはめたDAOであるという現れでしょう。

本レポートでは、このMoloch DAOの仕組みを概観します。

目次
*前提
*Moloch DAOの基本的な仕組み
*Ethereum2.0の開発資金を集めるために実際に使用されているMoloch DAO
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。