ビジネス・社会考察、その他

ブロックチェーン業界が、オープンソースソフトウェア企業のビジネスモデルを学ぶべき理由

前提。何故、今オープンソースを活用するビジネスモデルを学ぶ必要があるのか?

d10n Labではオープンソースソフトウェアとそれに深く関わる企業のビジネスモデルのレポートを配信しました。

暗号通貨・ブロックチェーン業界ではソフトウェアやアプリケーションがオープンソースである割合が非常に多いです。
具体的には、パブリックブロックチェーンのクライアントそれ自体(bitcoin core、Ethereum gethやparity)、サードパーティーのウォレット(green address、copay)、開発者ツール(element、ZeppelinOS)などです。

少なくとも、トラストレスや運営社に信頼が必要ないと説明されるようなソフトウェアやサービスでは、コードが公開されていることは、十分条件ではなく必要条件です。

コードが公開されていなければ、クローズドコードの中に利用者の資産(秘密鍵)を捕捉できるバックドアがある可能性を否定できなくなりますので、秘密鍵が関わるソフトウェアでは、クローズドコードが含まれる時点で少なくとも”トラストレス”ではなくなります。

例えば、現在TrezorやLedgerなどがハードウェアウォレットを販売していますが、これもハードを構成しているソフトウェアはオープンソースです。
オープンソースでなければ信頼がされないからです。
(正確にはLedgerには一部クローズドソースが含まれ、これは時折批判されている点でもあります。)
秘密鍵や署名が関わる暗号通貨関連のソフトウェアというとかなりの割合がそれにあたることから、結果としてオープンソースであることが多くなります。

また、秘密鍵や署名に関わるサービスでなくとも、慣例的にオープンソースであることが望ましいといったコンテキストを持つような人たちは、他業界と比べると多数派だと言えます。
従来ソフトウェアをオープンソースにすることは、コードをオープンにして、世界中の開発者がコントリビュートでき、開発を加速し、またソフトウェアのメリットをより多くの人が享受できるようにするということが大きな動機でした。

暗号通貨およびブロックチェーンの世界では、この動機も依然強く残しながら、トラストレスの必要要件としてのオープンソースという従来にはない動機を加えています。
とはいえ、コードがオープンソースになると、競合や新しいサービスは簡単にコピーができます。

つまり、端的にいえば、オープンソースでありながら、ビジネスを構築することは容易ではないということです。

 

OSSと関わる企業から学ぶビジネス事例

そのことからネットワーク効果を加えて、ソフトウェアの防御性を上げなくてはいけないということの説明を、Union Square VenturesのFred Wilsonの「歯科医のソフトウェア」を例に下記のレポートで以前に解説しました。

RELATED POST
ブロックチェーン関連のアプリケーション・DApps開発をビジネス視点を考える。ブロックチェーンのアプリケーションの開発にもビジネス視点が必要な理由 本レポートでは、現在のブロックチェーン関連のアプリケーションにつ...

また、「レポート:ブロックチェーンのガバンスモデルについて。トークンを用いたソフトウェアのアップデートを熟慮する。」では、ZRXなどのガバナンストークンの価値は、オープンネットワーク効果を可視化させたものであり、そのトークンの参考価値はフォークするコストとニアリーイコールなのではないかと主張を述べました。

RELATED POST
ブロックチェーンのガバナンスについて。プロトコルを分散的に決定する仕組みとその是非、トークンの評価算定まではじめに。ブロックチェーンのガバナンスモデルとは。 本レポートでは、ブロックチェーンのガバナンスモデルについて考察を深めることをテーマ...

こういったガバナンストークンを構築することや、ガバナンストークンがなくとも他の要素でネットワーク効果を構築し、オープンソースでありながらビジネスモデルを組んでいくことが重要であると上記のレポートでは説明しました。

とはいえ、上記の事例だけでは、オープンソースを活用するビジネスモデル事例としては十分ではないですし、その他にもオープンソースを活用し、自社ビジネスを伸ばしている企業の事例は多くあり、本レポートではそれらをカバレッジしていきます。
オープンソースを活用してビジネスを行う企業は、当然、ブロックチェーン以前から存在をしています。

ブロックチェーン業界のプレーヤーがそれらの事例から学ぶべきことは非常に多くあるはずです。
オープンソースに深く関わり、かつ商業的にも成功している代表企業としてRedHatが圧倒的に有名でしたが、後に続くオープンソースに深く結びついたうえで成功している企業が複数生まれています。
2014年にはHortonworks、ClouderaはNYSEに上場をしており、MuleSoftはSalesforceに$6.5Billionでの買収をされています。
Elasticsearch、Datastax、MongoDBなども、製品がほぼ100%オープンソースで、コミュニティとソフトウェアを開発し、成長している企業です。

d10n Labで配信をしたレポートでは、このようなOSSと深く結びつくオープンソース企業を5社を紹介し、オープンソースソフトウェアとビジネスがどのように繋がっているかを分析します。
うち2社はブロックチェーン関連企業から紹介しています。

目次
*前提。何故、今オープンソースを活用するビジネスモデルを学ぶ必要があるのか?
*オープンソースの歴史とライセンス
*オープンソースを利用したビジネスモデルの分類
*オープンソースに貢献・活用し、成長している企業事例(1)
*オープンソースに貢献・活用し、成長している企業事例(2)
*オープンソースに貢献・活用し、成長している企業事例(3)

*オープンソースに貢献・活用し、成長している企業事例(4)
*オープンソースに貢献・活用し、成長している企業事例(5)

(続きは、d10lab研究所サロンに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くと研究所サロンの過去の500本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なコミュニティオンラインサロンです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。

FOR MORE DETAILS