その他のパブリックプロトコル

Decredの概要。SoVと民主的ガバナンスのどちらも備えた暗号通貨を目指すプロジェクト。

d10n Labでは、「Decredの概要。SoVと民主的ガバナンスのどちらも備えた暗号通貨を目指すプロジェクト。」のレポートを配信しました。

前提

本レポートでは、Decredの概要を解説します。
Decredは、2016年にローンチをしたブロックチェーンであり、PoW/PoSのハイブリッドであり、オンチェーンガバナンスの機能を持つことが特徴です。
2018年から2019年にかけてトークンホルダーが、ブロックチェーンのアップデートに対して議決権を持つオンチェーンガバナンスの仕組みが注目されています。
最近にローンチされたブロックチェーン、例えばCOSMOS・Tezos・EOSなどは大なり小なりトークンによるガバナンス参加が行えるように設計されています。
Decredは派手さもなく、国内外において注目度は決して高くないプロジェクトですが、このオンチェーンガバナンスの先駆けプロジェクトでもあり、今に至るまで運用されているプロジェクトです。
オンチェーンガバナンスについて基本的な概要は下記のレポートで解説しています。

RELATED POST
ブロックチェーンのガバナンスについて。プロトコルを分散的に決定する仕組みとその是非、トークンの評価算定まではじめに。ブロックチェーンのガバナンスモデルとは。 本レポートでは、ブロックチェーンのガバナンスモデルについて考察を深めることをテーマ...

今回のレポートでは、同プロジェクトの概略からブロック生成の仕組み、ガバナンスの現状までを網羅します。

Decredサイト:https://decred.org/
ホワイトペーパー:https://decred.org/research/buterin2014.pdf

本レポートでは以下を解説しています。

目次
*前提
*Decredの概要
*PoW/PoSハイブリッドによるブロック生成の仕組み
*トークンディストリビューション・資金調達
*Decredによるガバナンス、トークンホルダーが管理するコミュニティファンド
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。