アイデンティティ

DID(DECENTRALIZED IDENTIFICATION)の概要。その背景や標準化などについて。

d10n Labでは、レポート「DID(DECENTRALIZED IDENTIFICATION)の概要。その背景や標準化などについて。」を配信しました。

 

前提

本レポートでは、DID(DECENTRALIZED IDENTIFICATION)の概要を紹介し、全体像を掴むことを目指します。
従来のIDではなく、個人がIDの利用範囲、提示範囲をコントロール出来るようなインターネットネイティブなIDシステムをDIDと総称します。
こういった新しいIDを作るために、ブロックチェーンなどの技術も応用した複数の取り組みがあります。
大企業では、Microsoft、IBMなどがDID関連で取り組みを行っています。
より小規模なスタートアップやブロックチェーンプロジェクトでDIDに取り組む事例として、Civic、uPort、nym、3box、ORIGIN PROTOCOLなどさらに多くの名前を挙げることができます。
本レポートでは、これらの企業がそれぞれどのような取り組みを行っているかその詳細までには触れないですが、全体像を概観します。
個別プロジェクトやその技術を理解することも重要ですが、それらを解説する前により大きな枠組みを解説することを目的とします。

目次
*前提
*DID(DECENTRALIZED IDENTIFICATION)とは何か
*DIDが実現することの利点
*W3CによるDIDの動き
*DIFによるDIDの動き
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。