DeFi

暗号通貨のマーケットメイキングプロトコルであるHummingbotの概要。DeFiにおける流動性の将来を考える。

d10n Labでは、「暗号通貨のマーケットメイキングプロトコルであるHummingbotの概要。DeFiにおける流動性の将来を考える。」のレポートを配信しました。

■HuummingBot概要

2019年4月にHummingbotがローンチしました。Hummingbotは、暗号通貨のマーケットメイキングプロトコルであり、オープンソースのBotクライアントです。


スプレッドやアービトラージなど、任意で設定したストラテジーにより、マーケットメイクをしながら利益を上げることが出来るとしています。

HummingbotのCLIから、独自のカスタマイズや、新しいトレードアルゴリズムのBotを開発できるようにしています。
Hummingbotは、中央集権取引所、分散型取引所のいずれにも対応しています。
執筆時点では、Binance、Radar Relay、DDEXに対応をしています。
また、0xのアクセラレータープログラムに採択されているプロジェクトでもあり、0xとは戦略的パートナーシップもアナウンスしています。

RELATED POST
レポート:DEXプロトコルの0xとは。分散型金融を担うプロトコルの仕組み・ZRXのモデル・エコシステム全般・課題本レポートでは、DEX(分散取引所)のプロトコルである0xについて俯瞰します。 現在、この0xを使用して様々なプロジェクトが構築されよ...
RELATED POST
DEX(分散型取引所)の2019-2020年のプロトコル0xの開発ロードマップについて。d10n Labでは、「DEX(分散型取引所)の2019-2020年のプロトコル0xの開発ロードマップについて。」のレポートを配信しまし...

Hummingbotは、トレードBotの開発基盤といえこれ自体は珍しいものではありませんが、DEXやDeFiを強く意識したマーケットメイクプロトコルという点で新規性が高いプロジェクトです。
本レポートでは、DeFiにおいて、このようなマーケットメイキングプロトコルが出てきた必要性などを概観します。

サイト:https://www.hummingbot.io/
ホワイトペーパー:https://www.hummingbot.io/whitepaper.pdf
ドキュメント:https://docs.hummingbot.io/operation/client/#user-interface

目次
*HaummingBot概要
*DeFiにおけるマーケットメイカーの必要性、従来金融のマーケットメイクとの比較
*HummingBotが提供するマーケットメイクの基本セット
*コントラクトアドレスを用いた流動性プールの仕組みとの比較
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。