技術解説

ブロックチェーンのオラクル問題を理解する。オラクルに関する主要プロジェクトの概観。

d10n Labでは、「ブロックチェーンのオラクル問題を理解する。オラクルに関する主要プロジェクトの概観。 」を配信しました。

前提・ブロックチェーンのオラクルとは

本レポートでは、ブロックチェーンにおけるOracle(以下オラクル)問題の理解をし、オラクルに関連するプロジェクトを概観します。
ブロックチェーンにおけるオラクルとは、ブロックチェーンにブロックチェーン外のデータを送信することを指します。
これは今後、スマートコントラクトで様々なアプリケーションが稼働をすることになる場合、不可欠な機能になります。

例えば、
1.ボブとアリスが、3ETHずつコントラクトのアドレスにデポジットをする。
2.サッカーでチームAとチームBの試合がある。
3.チームAが買った場合は、ボブが、コントラクトアドレスにデポジットされた6ETHを得る。

チームBが買った場合は、アリスが6ETHを得る。

スマートコントラクトを用いたこのような賭け試合を行う場合は、その試合結果をブロックチェーンに持ち込むオラクルが必要になります。
何故なら、サッカーの試合の結果はブロックチェーンの内部には存在しないからです。

上記の事例であれば、3.のタイミングで任意のオラクルから情報を獲得して、スマートコントラクトが執行されます。
こういったオラクルの機能は、おおよそ全てのブロックチェーンのアプリケーションに必要になります。
分散型金融(DeFi)の文脈でも今後、トラディショナルな金融市場の株価や指数を参照することがあるでしょうし、その際にもオラクルは必要になります。
スマートコントラクトを用いた保険でも不可欠です。例えば、飛行機の遅延に対する保険であれば、飛行機の遅延情報はブロックチェーン内部にない情報です。
こういったブロックチェーン内部にない情報を送信する橋渡しするような機能を総称してオラクルと呼びます。
なお、データベースのオラクル
とは別物です。

オラクル問題・シングルオラクルであることは何が問題なのか

スマートコントラクトを用いたブロックチェーンのアプリケーションの利点は、主に以下の3点になります。

・データが改ざんされない点

・改ざんされないスマートコントラクトが条件をクリアすると確実にコントラクトが執行される

・執行されたスマートコントラクトは執行された事実が確認できる

しかし、コントラクトを執行をするかどうかの外部データをブロックチェーンに提供するオラクルには解決されるべき問題が多く残っています。
オラクルには、大きく分けて2種類があります。

・集権型オラクル(Single Oracleまたは、Centralized oracle)

・分散型オラクル(Decentralized oracle)

です。

現在、既に多くのブロックチェーンでオラクルが実装されていますが、そのほぼ全てが、集権型オラクルです。
集権型オラクルはシンプルで、なにかしらのデータフィードからAPIなどでデータを取得して、ブロックチェーンはそれを参照します。
そして、取得したサッカーの結果なりを元にコントラクトが執行します。
これを単一のオラクルで行うことの問題点は、その単一のオラクルおよび、単一のデータ取得元を信頼しなくてはならないことです。
単一のオラクルについては、そのオラクルが正しいデータを確実に参照しブロックチェーンに持ち込んでくれることを信頼しなくてはなりません。
天候保険を行うとして、XX/YYの12時にA地域で天候が10度以下であれば保険金を貰えるスマートコントラクトがあるとしましょう。

データは、天気情報のサイトのデータフォードから参照する形になり、多くの場合はそれで問題ないはずです。
しかし、もしこの保険のスマートコントラクトに$10Million(約11億円)入っていたりしたらどうでしょう。
この天気情報のサイトが恣意的な結果を表示させることがないか、不安にならないでしょうか。

本当は9度だったのに、どちらか一方の肩を持って、11度で表示をすることなどがあるかもしれません。
第三者の信用へのコストを最小化するスマートコントラクトへの執行を単一のオラクルで実行してしまうと、結局、オラクルへの信頼が必要になり、本来求めていた信用コストの最小化が現実になってません。
これが単一のオラクルを信用するオラクル問題であり、より分散的なオラクルや、他の解決方法が模索されています。

d10n Labで配信したレポート全文では、こういったオラクル問題がどのようなアプローチで解決されようとしているかを解説し、主要なオラクルのプロジェクトを4概観しました。

目次
*前提・ブロックチェーンのオラクルとは
*オラクル問題・シングルオラクルであることは何が問題なのか
*オラクル問題を解決する3つの主要な方法
*ChainLinkの概要・仕組み
*Oraclizeの概要・仕組み
*Witnetの概要・仕組み
*Augurの概要・仕組み
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の650本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。