Dapps

SKALEの概要。汎用性のあるサイドチェーンによりEthereumの拡張レイヤーを目指すプロジェクト。

d10n Labでは、レポート「SKALEの概要。汎用性のあるサイドチェーンによりEthereumの拡張レイヤーを目指すプロジェクト。」を配信しました。

前提

SKALEは、Elastic Sidechains(汎用性のある複数のサイドチェーン)のネットワークで2019年内にリリースをされる予定です。
開発者は、これらのサイドチェーンでユーザーエクスペリエンスに縛られない形で、かつ分散性に大きな妥協を伴わずアプリケーションの開発ができます。
ローンチ時点においてEthereumのサイドチェーンとして利用されることが想定さますが、後々はその他のブロックチェーンに対応することも想定されています。
これらのサイドチェーンは、バリデータノードによって管理されます。
また各バリデータノードは同時に複数のサイドチェーンのコンセンサスに参加できることも特徴です。
本レポートではSKALEの概要・仕組み・トークン設計について解説をします。

公式サイト:https://skalelabs.com/
ホワイトペーパー:https://skalelabs.com/skalenetwork_whitepaper

目次
*前提
*SKALEの概要
*アプリケーション開発者によるSkale Networkのサイドチェーン(Elastic Sidechains)の生成
*Skale Networkのサイドチェーンの追加機能
*ガバナンス
*トークンディストリビューション・主要投資家
*評価と考察
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度d10n Labにご入会して頂くと過去の800本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。