その他のパブリックプロトコル

Telegramが手掛けるブロックチェーンプロジェクト、Telegram Open Network(TON)の概要

d10n Labでは、レポート「Telegramが手掛けるブロックチェーンプロジェクト、Telegram Open Network(TON)の概要」を配信しました。

前提

世界で有数のメッセンジャーアプリであるTelegramは独自ブロックチェーンであるTelegram Open Network(TON)をローンチします。
Telegramは、暗号化されたメッセージで通信できるメッセンジャーアプリで、プライバシーに関心が高いユーザーを中心に利用されています。
アプリは少なくとも数億人のユーザーに利用されており、独自ブロックチェーンがローンチを実施された際にはメッセンジャーアプリにネイティブでウォレットが組み込まれることも予定され、相応の影響が予想されます。
また、2018年上半期に$1.7Billion(約1700億円)の資金調達を実施しています。
TONは、そのブロックチェーン上で開発者がアプリを開発できる所謂汎用的なスマートコントラクトプラットフォームに分類されるものです。

なお、本レポートの主なリファレンスは下記です。
TONについてはホワイトペーパーが合計500ページ以上になっており、筆者もはっきりとは理解していない点が多くあることを予めご了承ください。
また情報は2019年10月時点にものを元にしています。

基本概要についてのホワイトペーパー:https://test.ton.org/ton.pdf
ブロックチェーン概要についてのホワイトペーパー:https://test.ton.org/tblkch.pdf
バーチャルマシンのホワイトペーパー:https://test.ton.org/tvm.pdf
開発言語のホワイトペーパー:https://test.ton.org/fiftbase.pdf
GitHub:https://github.com/ton-blockchain/ton

本レポートでは以下を解説しています。

目次
* 前提
* Telegram自体の概要について
* Telegram Open Networkの基本概要
* TONのネットワークにおけるシャーディング
* TONのネイティブトークンGRAMの役割・ユースケース
* ICOについて
* Telegram創業者Pavel Durovの思想
* 筆者によるTONの執筆時点での評価
* 総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。