取引所

Bitfinexの運営会社iFinexが発行をする独自トークンLEOについて。トークンモデルの解説と考察。

d10n Labでは、レポート「Bitfinexの運営会社iFinexが発行をする独自トークンLEOについて。トークンモデルの解説と考察。」を配信しました。

前提

本レポートではBitfinexの運営会社iFinexが発行をする独自トークン UNUS SED LEO (以下LEO)について解説します。

IfinexのトークンであるLEOは2019年5月にローンチをしました。
$1Billion(約1100億円)分のトークンが販売され、プライベートセール後、売れる分が残っていたら、パブリックセールでも販売される予定でしたが、プライベートセールで完売をしました。
5月20日から同社のプラットフォームですでに取引が開始しています。
ifinexは、USDTなどで知られるStablecoinのTetherの実質的運営会社でもあり、広く知られているようにその運営の実態性については度々懐疑的な議論が巻き起こります。
Tetherの運営やその歴史については、本レポートのスコープからは外れるので、主には取扱はしないものの、同取引所に纏わる議論や運営の不透明性は数多くある取引所です。
それだけに今回のトークン発行も注目がされます。
本レポートでは、そのトークンモデルの解説および考察を行います。

ホワイトペーパー:https://www.bitfinex.com/wp-2019-05.pdf

Bitfinexの運営会社iFinexについて

前提知識として、Bitfinexの運営会社iFinexについて触れます。
iFinexは、2012年に設立された取引所Bitfinexの運営会社で、現存する暗号通貨取引所の中でも最も古い部類の1社です。
同社の登記地は、英領のヴァージン諸島です。
iFinexは、Bitfinexの他に、Ethfinex Trustless、Nectarを運営しており、自社をトレードプラットフォームとして位置づけしています。
アルトコインのレバレッジ取引やそれに伴うレンディング、広く使われるStablecoin(Tether)をローンチした点で、黎明期から革新的なことに複数取り組んできた取引所であるといえます。
将来的には、デリバティブも取り扱う予定であるとしており、最近ではIEOのプラットフォームもローンチしています。
しかし、Tetherと同等の現金を保有していない疑惑や、その運営体制については常に懐疑的な意見が多いです。

本レポートでは下記を解説しています。

目次
*前提
*Bitfinexの運営会社iFinexについて
*LEOの基本トークンモデル
*過去のハッキング事件・差し押さえに関連するバーンメカニズム
*トークンの運用に関する透明性について
*iFInexの収益性について
*考察・BinanceのBNBトークンとの比較
*総論

(続きは、d10n Labコミュニティに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くとd10n Labの過去の700本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。