投資/トレード

ビットコインの先物を始めるなら、絶対に気をつけておきたいこと

ビットコインの先物取り引き

ビットバンクレードさんでは、最大20倍でレバレッジをかけられるビットコイン先物取引を扱っています。
同取引所は、中国の大手取引所のOKcoinと取り次ぎを行っていることにより、出来高に圧倒的差があることから、レバレッジ取引ならここが断然お勧めです。

butbank tradeスクリーンショット 2016-04-03 15.34.05

20倍でレバレッジをかけられるということは、大きく相場が動くことも珍しくないビットコインなので、上昇相場に上手く乗っかれば、一攫千金も夢でないことは、容易に想像がつくでしょう。

しかし、そもそもビットコインの先物を金融商品として、冷静に考えると、レバレッジ20パーセントで、ポジションをとるということは、相場が3パーセントでも下に傾くと、資産を失うことを意味します。
勿論、上に3パーセント動けば、大変美味しいリターンを得ることができます。
そして、通常の為替のFXでは、相場が上下3パーセントも短期間に動くことは、なかなかありませんが、ビットコインの場合は、割と普通にあり得ます。

 

例え上昇期でも先物の売り板が注視

そんなビットコインの先物をするときに、絶対に注意しておくべきは、大口の利益確定とロスカットによる急落です。

▼2015年11月
スクリーンショット 2016-03-31 20.12.08
▼2016年2月
スクリーンショット 2016-03-31 20.11.11

このスクショには、トラウマがある方も多いのではと思います。。
考えてみれば、まだビットコインがメインストリームとはいえない中、ビットコインの先物をいじろうとする人は、きっとビットコインに対し、少なからず、愛着があり、長期的には上昇すると信じている人が多いであろうことは、想像に難くありません。
つまり、いざ上昇局面に入った時、多くの市場参加者が、極度にロングのポジションをとるのです。

ただ、いくら皆でロングをしていても、いずれ利益確定しないと行けない時がくるので、大口が利益確定を仕掛けるとをすると、それに巻き込まれて、多くの人が、ロスカットで総崩れする事態に。

中国の大手取引所は、OKcoinは、十分に出来高が多いので、ロシカットされた分も買い支えられますが、いくつかの取引所では、市場自体がクラッシュする事件も発生しました。
愛が有るが故の悲劇。
まあ、金融商品としては、お世辞にも整備されているとは言い難く、その分、背中合わせで稼げるチャンスもあります。
特に四半期先ものの売り板にでかいのが来るのは、要注意ですね。うまく、売り板を交わして下がった所を買い直せたら、最高のパターンです。
その他、気をつけたいこととしては、基本的なことですが、各取引所によって、追証の有無や、精算期日などが異なりますが、取引を開始する前にしっかり把握しておきましょう。

 

現在、三角持ち合いで、なかなかじれったいビットコイン相場で、個人的にはスケーラビリティの進展がない限り、先物はインしない姿勢をとっています。

進展のニュースがあり、明確な上昇トレンドに向かった際は、しっかり並につもりです。

くれぐれも安全運転で墜落事故を起さないように気をつけつつ、(満を持して?逆指値も実装されたことですし)皆さん、一緒に月へ行きましょう!

※本投稿は、katari.beに投稿したものを一部、修正・加筆して再掲致しました。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なコミュニティオンラインサロンです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。

FOR MORE DETAILS