ビジネス・投資

これから出来るProof of Stakeの経済圏、その周辺のビジネスレイヤー、その考えうる影響などの考察

d10n Labでは、これから拡大していくであろうProof of Stakeの経済圏、その周辺のビジネスレイヤー、考えうる影響などを考察したレポートを配信しました。

前提

EthereumのPoS移行、BFT系DPoS、DPoS形式など、様々なProof of stake系の(以下総称してPoS)ブロックチェーンがローンチ、または2019年前半に多くのローンチが予定されています。

ローンチ済みのものではEOS、TEZOSなど、これからローンチをするものではcosmos、Dfinityなどがそれにあたります。

これらの背景知識についてはこちらのレポートが詳しいので、このレポートを読む前にこちらから読まれることをお勧めします。

RELATED POST
新興ブロックチェーン(EOS、Difinity等)の知っておくべき競争背景。なぜ今新しいパブリックプロトコルが勃興するのか。本レポートでは、現在起きているパブリックプロトコルの競争を広く俯瞰することを目指します。
数回にわたり配信をする形になりますが、現在注目...

これらの新興パブリックプロトコルは、多くのブロックチェーンがPoS系ですが、これらのローンチと合わせてビジネス構造や、ステーキングに纏わるエコシステムも影響を受けるだろうと予想されます。
本レポートでは、PoSでの経済圏やその周辺のビジネスレイヤー、その考えうる影響を網羅していきます。

PoSのブロックチェーンのステークホルダーとは誰か

まず、特定のPoSのネットワークのステークホルダーとは誰を指すでしょうか。
簡潔に述べるならば、またはすぐに思い浮かべるならば、ステーキングして新規トークンの供給の恩恵を受けることを期待する投資家であるトークンホルダーです。
これらはより細かく分類をすると、リテールの投資家と機関投資家の2つに分けられます。

また、トークンをステーキングをするのは投資家だけではなく、初期開発者やファウンデーションもありえます。
また、当該のPoSのネットワークでビジネスを行うアプリケーションレイヤーもトークンをステーキングする可能性があります。

さらに自身ではステーキングをしないかも知れないですが、影響を受けるビジネスレイヤーはステーキング可用性があるトークンを預託されている中央集権型取引所、カストディ、クライアントサーバー型ウォレットです。
これらのビジネスレイヤーは、ユーザーの秘密鍵を預かっているので、本来的には、顧客にステーキングさせる選択肢もありながら、または賛否はありながらも顧客資産として預かったトークンを自社でステーキングに用いることがありえます。
中央集権取引所が、顧客のトークンを預かりながらも、そのトークンを自社でステーキングして、BFT・PoSの投票に用いた事例はEOSのネットワークで複数確認されています。

さらにもう一つのステーキングは、ステーキングプロバイダです。
ステーキングプロバイダは、第三者が保有をするトークンを預託され、代わりにステーキングを行い、ステークされたトークンから手数料収入を得るビジネスです。

これらの各ステークホルダーが相互にどのような影響を及ぼすかを分解します。

もはやステーキングはすでにトークンを保有しただけで出来るものではない。

また、ステーキングを巡るエコシステムの前提として、ステーキングはすでにトークンを保有しただけで出来るものではなくなっている傾向があり、トークン保有に加えて、信頼されるサーバー運営などが要件になっているネットワークが顕著です。(例:EOS、COSMOS、LOOM NETOWORK)

例えば、LOOM NETWORKの場合は、ステーキングノードとして立候補するのに、以下の手順が必要になります。

・専用フォームからLOOMファウンデーションに申請をする。
・KYC/AMLのプロセスを終える。
・アグリメントに同意をする。(24時間ゼロダウンタイムで運営をすることや、サーバー要件など)
・必要量のトークンをステーキングする(1,250,000 LOOM)
・ハードウェアに仕様や構成について認定を受ける。
・production nodeの設定に関するトレーニングを受講する。
(参考: https://medium.com/loom-network/plasmachain-validator-requirements-915a5f57fc79?fbclid=IwAR2n2js_nD67xg88gFp2g11RR35ad_tvpiJ9VFp-yU9XoQOFe33Qgd3FMUo

上記はLOOM NETWORKの事例ですが、EOSやCOSMOSなどのプロトコルも、バリデータノードの運用条件には似たようなハードルがあります。

これらの要件は、もはや一般の個人がステーキングノードを運営できるとは言えないでしょう。
さらにネットワークの仕様によっては、ゼロダウンタイムの規則が守れず、ノードがダウンをしてしまったらステークしているトークンを没収される仕組みになっているプロトコルもあります。
つまり、DDoS攻撃の耐性も必要になり、バリデータノードの運営は、これから専門性が必要な仕事になってくるだろうと予想されます。

d10n labで配信をしたレポート全文では、この今後多くローンチするPoSのステーキング関連のビジネスレイヤーや、それに影響を受けるレイヤーについてより深く考察したレポートを配信しました。

目次
*前提
*PoSのブロックチェーンのステークホルダーとは誰か。
*もはやステーキングはすでにトークンを保有しただけで出来るものではない。
*リテールのステークホルダーをより分解する
*機関投資家、クリプトファンドのステーキング
*ステーキングプールの主要プレーヤー
*リソースプロバイダ、ボーディングプロキシ(EOS)
*ウォレットビジネス
*潜在的に大きな影響力があるカストディ
*ステーキングビジネスの市場規模の算出
*総論

(続きは、d10lab研究所サロンに入会してお読みください。)
一度研究所に、ご入会して頂くと研究所サロンの過去の650本以上のレポートやコラムが全て閲覧できる他、定期的に行なっている収録イベントの過去ログ、不定期で行っているイベントなどにアクセスできます。

暗号通貨とブロックチェーンは、インターネット以来の大きいイノベーションであり、私たちの世代にとって最も大きいインパクトを与えパラダイムシフトを起こすと考えています。

d10n Lab(ディーテンエヌラボ)は、未来を思考する離合集散的なリサーチコミュニティです。

暗号通貨のこと全般・投資リテラシー・移住など多様なトピックを扱うほか、嗜好が近いメンバーとも出会える場を目指しています。読みたいレポートをリクエストしたり、リサーチャーがマネタイズできるリサーチプログラムもあります。

FOR MORE DETAILS